生産台数わずか9台! 幻のトヨタ「2000GT」に乗れる!? ヒストリックカー試乗会開催

日本が誇るクラシックスポーツカーであるトヨタ「2000GT」は、337台しか生産されていないレアなクルマです。そんなレアな2000GTのなかでも、わずか9台生産という超希少車があるといいます。その激レアな2000GTに試乗できるとはどういうことなのでしょうか。

生産台数わずか9台! 幻のトヨタ「2000GT」があった

 日本が世界に誇るクラシックスポーツカーといえばトヨタ「2000GT」が真っ先に思い浮かびます。

北米用に作られた超希少なトヨタ「2000GT」
北米用に作られた超希少なトヨタ「2000GT」

 1960年代にトヨタは「スポーツ800(通称『ヨタハチ』)」くらいしかスポーツカーを持っていませんでした。

 スポーツ800はレースで結果を残すほどの速さをみせていましたが、800ccの水平対向OHVエンジンは45馬力と非力で、それを580kgという車重の軽さで補って戦っていました。

 そこで、トヨタは世界にも通用するスポーツカーの開発を決定。当時、すでに高性能なオートバイ製造で実績のあるヤマハと技術提携し、共同開発とするプロジェクトとしてスタートしました。

 外装のデザインは「ロングノーズ・ショートデッキ」といわれる、伝統的な英国製スポーツカーのテイストを取り入れた、曲面を多用する流麗なハッチバックとしています。

 エンジンは「クラウン」に搭載されていたものをベースに、ヤマハによりDOHC化された、2リッター直列6気筒を搭載。キャブレターを3連装し、最高出力150馬力を発揮しました。

 最高速度は220km/h、0-400m加速は15.9秒と公表され、当時の日本車の水準を遥かに上回る性能でした。

 こうして1967年に2000GTは発売されますが、販売価格は238万円で、これは当時の大卒初任給平均である3万6200円の65.75倍。2019年の大卒初任給がおよそ21万円であることを考えると、現在の価値で換算して約1300万円ということになります。

 また、当時の物価を考慮すると、現在の価値ではもっと高額だったという試算もあります。

 1967年にフロントマスクのデザイン変更などマイナーチェンジがおこなわれ、1970年まで生産されます。生産台数はわずか337台でした。

 こうして、稀代の希少車となった2000GTですが、さらに希少な2000GTがありました。それは北米向けに試作されたモデルで、生産台数は9台といいます。

 337台のなかには、輸出用も含まれていますが、この9台はそれとは別で、2.3リッター(正確には2253cc)直列6気筒SOHCエンジンを搭載した左ハンドル仕様でした。

 この特別な2000GTは結局、市販されることなくお蔵入りしてしまいましが、2台の現存が確認されています。

 そして、そのうちの超希少な1台に東京で試乗ができるというのですが、どういうことなのでしょうか。

幻のトヨタ「2000GT」だけじゃない! レアなヒストリックカーを画像でチェック(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント