スズキ「キャリイ」に軽トラ初の機能を搭載! 一部仕様変更をおこなって2019年9月17日より発売

スズキは、「キャリイ」の一部仕様変更をおこない、2019年9月17日に発売すると発表しました。軽トラック初の装備が新たに搭載されます。

軽トラ初の最新装備とは?

 スズキは、軽トラック「キャリイ」に一部仕様変更をおこなうと発表しました。発売日は2019年9月17日です。

 一部仕様変更で軽トラック初の装備が採用されたというのですが、いったいどのような装備なのでしょうか。

スズキ スーパーキャリイ
スズキ スーパーキャリイ

 今回の一部仕様変更では、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を採用し、夜間の歩行者を検知可能としました。夜間歩行者検知機能の搭載は、軽トラックでは初です。

 また、軽トラックで唯一搭載している前後の誤発進抑制機能に加え、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストなども新たに採用することで、安全機能が進化しました。

 これらの機能は、「KX」、「スーパーキャリイ」、「特別仕様車KCスペシャル」、「農繁スペシャル」に標準装備されているほか、メーカーオプションで設定されているモデルも増加しています。

 車体色は、新設定の「クールカーキパールメタリック」をはじめとした、全5色です。

 一部仕様変更されたキャリイの車両価格(消費税込)は、72万2520円からです。スズキは、キャリイの年間販売目標台数を6万5000台としています。

個性派な新色? 緑のキャリイを写真で見る

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 軽トラもスバルが撤退してからろくなのないからね
    サンバーだったらリヤエンジンのおかげで農家でも何とか2WDで出来る仕事も今の軽トラはキャブオーバー型で駆動輪の軸重が軽いもんで四駆でなければ仕事にならんし、マジに自動車メーカーと長期ローンを設定している農協の陰謀じゃねーかと思うことあるよ
    サンバーなら2駆でも荷を後輪軸寄りに乗せればリヤエンジンと独立サスの接地性能でミカン畑の勾配くらいなら上れるのに今の軽は四駆とデフロックが無きゃ農家じゃ使えない!