メルセデス・ベンツの2代目「CLA」「CLAシューティングブレーク」が日本上陸

メルセデス・ベンツ日本は、新型「CLA」および「CLAシューティングブレーク」を2019年8月27日に発表、予約注文の受付を開始しました。CLA各モデルの納車については、CLAは2019年10月ごろ、CLAシューティングブレークは同年12月ごろを予定しています。

「官能的純粋」というデザイン思想にもとづいたスタイリッシュな外観

 メルセデス・ベンツ日本は、2代目に進化した「CLA」および「CLAシューティングブレーク」を2019年8月27日に発表、予約注文の受付を開始しました。

メルセデス・ベンツ新型「CLAシューティングブレーク」の発表会模様
メルセデス・ベンツ新型「CLAシューティングブレーク」の発表会模様

 CLAは6年ぶり、CLAシューティングブレークは4年ぶりにフルモデルチェンジされました。新型CLAの外観は「Sensual Purity(官能的純粋)」というメルセデス・ベンツの基本思想にもとづき、ラインやエッジを大幅に削減した輪郭など、シンプルな造形ながら流麗かつ力強さも表現しています。

 また対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」や、フラッグシップモデル「Sクラス」に搭載されている最新の安全運転支援システムを採用するなど、多くの機能を採り入れています。

 サイドビューは、長く、低く構えたボンネット、高いウエストラインと、なだらかな流線形のルーフライン、細いサイドウインドウにより、エレガントかつスポーティな4ドアクーペスタイルを演出しています。また、メルセデス・ベンツのクーペモデルに共通するサッシュレスウィンドウを採用しています。

 ワイド&ローなデザインは空力性能の改善にも貢献しており、Cd値は0.23とクラストップレベルを実現しました。

 内装は新型Aクラスのデザインを踏襲。ボディが拡大したことにより先代モデルと比較して、前席の室内幅は1457mmと35mm、後席の室内幅は1454mmと44mm、前席のヘッドルームも1023mmと17mmとそれぞれ拡大され、クーペモデルでありながら快適な室内空間も実現しています。

 またトレッドを先代比でフロント63mm、リア55mm拡大したことで、メルセデス・ベンツの前輪駆動プラットフォームを採用している全モデルのなかでもっともスポーティなドライビング特性を得ています。

 エンジンは、150馬力/320Nmを発生する2リッター直列4気筒ディーゼルターボ「OM654q」と、224馬力/350Nmを発生する2リッター直列4気筒ガソリンターボ「M260」の2種類です。

 ディーゼルモデルは前輪駆動となり、8速デュアルクラッチトランスミッション(8G−DCT)と組み合わされ、モデル名は「CLA200d」「CLA200dシューティングブレーク」となります。

 ガソリンモデルは4輪駆動(4マティック)となり、7速デュアルクラッチトランスミッション(7G−DCT)と組み合わされ、モデル名は「CLA250 4マティック」「CLA250 4マティック シューティングブレーク」となります。

 車両価格は、CLA200dが472万円(消費税10%込、以下同様)CLA250 4マティックが534万円、CLA200d シューティングブレークが482万円、CLA250 4マティック シューティングブレークが544万円です。

 なお、納車時期はCLAが2019年10月ごろ、CLAシューティングブレークは同年12月ごろを予定しています。

2代目に進化したメルセデス・ベンツの新型「CLA」「CLAシューティングブレーク」を画像で見る(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント