「あおり運転」撲滅は不可能!? 車の危険運転を先進技術で防げない理由とは

悪質なあおり運転に関するニュースが報道されるなか、クルマの自動運転が普及すると、あおり運転は自然消滅するという意見が存在します。しかし、筆者(桃田健史)は「あおり運転は当面なくならない」と指摘します。いったいなぜでしょうか。

 高級輸入車による悪質な「あおり運転」が世間を騒がせているなか、一方で「こうした危険行為は数年以内に完全に無くなる」と考える学者や自動車エンジニアの人が大勢いますが、その根拠は、自動運転の普及です。

 自動運転が、適切な速度と車間距離を保つことで、結果的にあおり運転が無くなる、という考え方です。

 しかし、筆者(桃田健史)がこれまで、世界各地で自動車メーカー、自動車部品メーカー、IT関連企業、そして国や地方自治体などの行政機関などと自動運転に関する取材、協議、そして意見交換を続けたところ、あおり運転は当面無くならない模様です。いったいなぜでしょうか。

相次ぐあおり運転を防ぐ方法は存在する?(写真はイメージ)
相次ぐあおり運転を防ぐ方法は存在する?(写真はイメージ)

 結論からいえば、2019年現在から10年先の2030年頃でも、20年先の2040年頃でも、あおり運転は無くならないと筆者は考えます。その根拠について、具体的に紹介していきましょう。

 まずは、自動車メーカーの自動運転に関する考え方からです。

 自動運転には、0から5まで6段階のレベルがあります。数字が大きくなるほど、自動運転の度合いが上がります。

 これは、2012年にアメリカの運輸省、アメリカの自動車技術会、そしてドイツの国立自動車研究所が共同で発表し、2016年に一本化され、世界での共通認識となりました。

 このレベルに関して、レベル2とレベル3の間に大きな壁があります。

 レベル2までは、運転の主体は運転者ですが、レベル3以上になると運転の主体はクルマのシステムが担います。

 筆者はこれまで、世界各地でレベル3の実験車両に乗ったことがあります。すると、当然なのですが、クルマは交通ルールをしっかり守って走ります。その状況では、後続車からしょっちゅう“あおられ”ました。

 そのとき、「自動運転と自動運転でないクルマが共存することは不可能だ」と思いました。

 また、レベル3での走行中「レベル2とレベル3の混走も難しい」と感じました。レベル2までは、車速や車間距離を一定に保つACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)機能を、法定速度以上で設定することができますが、レベル3では法定速度を守るからです。

 レベル3は2020年代前半から普及する見込みとなっており、世の中の乗用車の主流がレベル3以上になるには、自動車業界では「2030年以降」という見方ですが、こうした予測の根拠は乏しいのが現実です。

 なお、ホンダは2020年に高速道路でのレベル3を実用化すると発表していますが、法定速度以下となる渋滞時のみに対応するとしています。

アッ危ない! 相次ぐあおり運転時の車間距離はどれくらい?(10枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. やはり「自動車産業界に対して強制的な立場はとれない」でしたか。それじゃ永久に問題は解決しませんわな。まあ精出して「あおり、あおられ」てください。なお、わたくしはクルマを所有もせず、したがって運転もしませんから、その立場から感じていますが、車同士のいがみ合いより、クルマの歩行者への横暴もそれはそれは酷いものですよ。順次「おクルマ様」の横柄さ・横暴さを、お門違い承知で、こちらに書き込んでゆきたいとおもっております。

    • 車に当てられたら満額保険が貰えると思ってる奴もいるよね
      鉄1トン 棉1トンでは棉が軽いと思ってる計り知れない度頭な奴
      セブラゾーンを天下の道と考えるか?何れも早く渡ってしまおう!てな器の違いが生死の分け目だろ

  2. あれだけ物流の事故やツアーバスの事故が連発して人の命が危険に晒されても働き手の雇用改革には本気で着手せず自動運転にワープする発想は政から自動車業界への配慮だろ
    仕事量に関係無く残業禁止、拘束時間の法令の枠に収めるだけの数合わせ
    車を売りたいだけの企業と政をこれまでのように放置したら車は人員不足を理由と緩和大義に肥大し続けて各々の担い手は負担が増すばかりで物流や交通社会は自動運転が熟成する前に完全に焦げ付くだろうね
    煽り運転に対して煽られる側の原因などと言ってる辺りが現実煽り運転を監視しきれない現実の苦しい言い逃れなんだろうね。
    人員が絡んだ事故調査は調査と言うより誰の責任にするかが焦点に成り下がっているので同じ事故が何度でも繰り返される始末に臭い物に蓋の感覚は否めないね

  3. 日航事故関係者の中にでジャンボは山に衝突して墜落した!山が殺した!山が無ければ墜落しなかった!と抜かしたトンチキがいましたよね
    遅い車が煽りの原因とか?そんなもん煽らないと言う極簡単な行為を抑制できぬ同じくトンチキ共の言い逃れだろが
    トンチキが煽れるのは自分の車より小さい車とかだろ?
    横浜横須賀道路の覆面も同じ心理でヤバそうな車はターゲットにしねーからな

  4. 高齢者を出汁に踏み間違い防止装置で業界を稼がせたら今度は乗用車に速度抑制装置か~?ディーゼル規制も政治の道具だし、速度抑制の仕切りも積載量のある総重8000が仕切りだしね、8000以下のトラックとバスと乗用車が放し飼いだから煽りなんて無くなる訳ないよな
    煽るネタと煽られるネタが共存しているだけじゃねーかよw、それこそ自動運転と共存なんかできるわけねーよな
    だから煽られる奴が悪いと言った間抜けな論法が頭をもたげてくるだけの話だろ