これが本命モデル!? 新型マツダ3の新エンジン仕様は”感動レベル”の走りの良さ

2019年5月に発売されたマツダの新世代モデル「マツダ3」。2019年10月には、世界初のエンジン「スカイアクティブX」エンジン搭載車が追加設定される予定となっていますが、このクルマはどのような走行性能を見せるのでしょうか。

世界初のエンジンはマツダ3の世界観をどう変えるのか

 2019年5月に登場した新型「マツダ3」の「スカイアクティブX」エンジンを搭載した仕様に、世界初試乗することができました。マツダが7月頭にドイツ・フランクフルトで国際試乗会をおこない、そこで試す機会が得られたわけです。

 マツダ3が登場した当初から『大本命エンジン』であるとされてきたスカイアクティブX仕様のマツダ3は、いったいどんな走行性能を実現しているのでしょうか。

「マツダ3」の本命モデルはどんな走行性能を見せるのか
「マツダ3」の本命モデルはどんな走行性能を見せるのか

 知られているように、マツダ3はすでに非常に高い評価を得ているモデルです。同社の新世代商品群の皮切りとなる第一弾モデルとして登場し、デザインをはじめ基本骨格などすべてを一新したことで、このクラスの頂点ともいえる非常に高い完成度を見せています。

 そんなマツダ3ですが、決してパーフェクトな商品ではなく、唯一の弱点といえるのがエンジン。現時点では1.5リッターと2リッターのガソリンエンジンと、1.8リッターのクリーンディーゼルエンジンが用意されています。

 しかし、1.5リッターエンジンに関してはパワー的には期待が薄く、その上にある2リッターエンジンも他車と比べて圧倒的な高レベルというわけでもありません。悪くはないのですが、どちらかといえばライバル車と比べると存在感は希薄です。

 そして1.8リッターのクリーンディーゼルエンジンに関しては、これまでのアクセラに2.2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載されていた経緯があるのと、ひとつ上のクラスにある「CX-5」でも2.2リッターのものが採用されており、それと比べるとやはりややパワー不足が否めません。

 それだけに、今回試乗した大本命エンジンであるスカイアクティブXには、大きな期待が寄せられていたわけです。

 スカイアクティブXは世界初の「SPCCI燃焼」という、極めてユニークな燃焼方式を採用したまったく新しいエンジンとなっています。

 メカニズムの解説をすると非常に複雑になるのですが、あえて簡単に説明するならば、このエンジンは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンが持つ特性の中間的な存在にあるガソリンエンジンです。

 実際にエンジンの圧縮比は16.3という数値で、これはガソリンエンジンとしては極めて高圧縮。通常だと11から12くらいです。一方、ディーゼルエンジンの場合、通常は18くらいなので、スカイアクティブXはディーゼルに近い圧縮比を持っているといえます。

 スカイアクティブXの排気量は2リッターで型式は直列4気筒となり、これに「Mハイブリット」という24Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせています。じつはスーパーチャージャーも組み合わせられているのですが、これは一般的なスーパーチャージャーとしての働きというよりも、SPCCI燃焼時にたくさんの空気を送り込んで希薄燃焼させるための役割が強いため、「エア・サプライ」と呼ばれています。

 そして欧州仕様のスペックでは、最高出力180馬力を6000回転で、最大トルク224Nmを3000回転で発生。これに6速ATか6速MTを組み合わせて、前輪を駆動するFFレイアウトを採用します。

 外装は、ほかのマツダ3とまったく変わりません。外観で唯一ほかのグレードと識別できる点となるのは、リアゲートに与えられるエンブレムで、ここに『スカイアクティブX』と記されるのみです。

 そして内装もまったく変わりませんが、メーターを覗き込むとレッドゾーンはなんと6500回転という、最近のエンジンでは見たことがないほど高回転まで回せることが、ほかのモデルとの違いとなっています。

これが本命モデル! スカイアクティブXを搭載したマツダ3を見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント