「ニコイチ」ってなに? 中古車でよく聞く修理方法の実態とは

中古車業界では、まれに「ニコイチ」ということばを聞くことがあります。なんとなく分かるけど細かくは分からない、「ニコイチ」車とはどこからどこまでのことを指すのでしょうか。

修理のためだけではなくカスタマイズの手法でもある「ニコイチ」

 中古車市場などで、まれに「ニコイチ」ということばが使われることがあります。聞いたことはあるけど実際はどんなものなのか分からないという人も多いことと思います。果たしてニコイチとはどういったクルマのことを指すのでしょうか。

日産 180SXにシルビアのフロント周りを移植した「シルエイティ」はあまりにも有名。ほぼボルトオンで付く
日産 180SXにシルビアのフロント周りを移植した「シルエイティ」はあまりにも有名。ほぼボルトオンで付く

 最近では、若者を中心に「いつも二人でいるほど仲が良く、二人でひとつのような存在」という意味で使われることもあるようですが、クルマにおけるニコイチは別の意味を持っています。

 それは、「2つのクルマを組み合わせて1台のクルマにする」という意味で、複数台の車両の部品を寄せ集めて1台にしているということです。

 たとえば、旧車といわれるような古いモデルでは部品の供給状態が良くないため、必要な部品を廃車された個体などから取り、自分のクルマに装着するような場合があります。

 また、エンジンが故障してしまい、他のクルマに搭載されていたエンジンを単体で購入して載せ替えた、という場合もニコイチといえるでしょう。

 ちなみに2台を1つにするだけでなく、3台のパーツを組み合わせたものは「サンコイチ」、4台の場合は「ヨンコイチ」など、台数が増えるごとに呼び方が変わる場合もあります。

 チューニングカーやモータースポーツに参加しているクルマの場合は、激しい走りでヘタったボディからエンジンや足回りなどの主要パーツ一式を、ヘタリの少ないボディに組み替える「箱替え」という行為をすることがありますが、これもニコイチのひとつといえるでしょう。

 また、同じプラットフォームを使っているほかの車両からフロントマスク一式を移植する「フェイススワップ」と言われるカスタマイズも広義の上ではニコイチといえます。

 有名なところでは、日産「180SX」のフロントマスクを兄弟車のシルビアに移植した「シルエイティ」や、その逆の「ワンビア」などが知られています。

 ほかにも、トヨタ「プラッツ」に「ヴィッツ」のフロントマスクを移植したものや、「スープラ」に「ソアラ」の顔を移植したもの、日産「ステージア」に「スカイライン」の顔を移植したものなど多岐に渡ります。

 ちなみに兄弟車とはいえ、大掛かりな加工が必要なクルマもあれば、アフターパーツメーカーから交換用のキットが出ているものもあり、難易度もかかる費用もクルマによってさまざまです。

「ニコイチ」のベースになった昭和から平成初期のクルマたち(画像12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント