セダンが他の車と同時に開発される理由 ボディ共用化の利点とは

これだけある! コンパクトカーとあわせて開発されたセダンたち

 フィットアリアのほかにも、コンパクトカーやハッチバックと骨格部分が共通しているセダンは多数存在します。国産セダンのなかから、前述のグレイスも含め3車種ピックアップして紹介します。

ホンダ グレイス

●ホンダ グレイス

 グレイスは2014年に発売された小型セダンです。当初はハイブリッド専用車として販売されていましたが、後にガソリンモデルも追加されました。

 34.8km/L(ハイブリッドモデルのJC08モード数値)の低燃費や室内の広さは、基本設計が共通のフィット譲りといえます。

●スズキ SX4セダン

「SX4セダン」は、スズキが同車の小型クロスオーバーSUV「SX4」をベースに開発したセダンで、2007年から2014年まで販売されていました。

 現在、SX4は後継車の「SX4 S-CROSS」へとポジションが引き継がれていますが、SX4セダンはこの代のみで販売終了となりました。

●日産 ティーダラティオ

「ティーダラティオ」は、日産が2004年に発売したセダンです。ベースとなったのは、ハッチバックの「ティーダ」で、室内の広さとインテリアの質感の高さはティーダ譲りといえるものでした。

 日産は2012年にティーダラティオの販売を終了。後継モデルは車名を改称し「ラティオ」として販売されましたが、ラティオも現在国内での販売を終了しています。

 ※ ※ ※

 クルマの基本形といえるセダンは、販売面で主流ではなくなった今でも、一定の需要があります。別のクルマと設計を共有化するという方法は、効率化することでより良いセダンを作ろうとするメーカーの姿勢のあらわれなのです。

【了】

やっぱり似てる? 同時開発されたセダンとコンパクトカーを比較(41枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 米国人がSDNが大好きですので、コンパクトカーSDNは昔から作られています。最近のデミオSDNのように国内で売られていないモデルもあります。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー