オラオラ顔ミニバンはなぜ人気? マイルドヤンキーに威圧的なデザインがウケる理由とは

最近のミニバンは、アグレッシブなデザインをしたモデルが多く、一部からは「オラオラ顔」といわれているほどです。日本市場には、多くのミニバンが存在していますが、なぜ「オラオラ顔」が増えたのでしょうか。

元祖オラオラ顔のモデルとは??

 ミニバンは、90年代中頃にトヨタ「エスティマ」とホンダ「ステップワゴン」の登場から人気に火がつき、いまなお売れ行き好調なジャンルとしてさまざまなモデルが存在しています。

 各社のミニバンは、多人数乗車と積載量の高さが共通の特徴ですが、最近では外観デザインにもひとつの共通点があります。それは、「オラオラ顔」ともいわれるアグレッシブなフェイスデザインです。なぜ、ミニバンはオラついているデザインが増えたのでしょうか。

トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」に寄せた三菱の新型「デリカD:5」

 最近のミニバン市場では、日産「セレナ」やトヨタ「ノア/ヴォクシー」、「アルファード/ヴェルファイア」、ホンダ「ステップワゴン」が、ユーザーから人気があります。

 これらのモデルは、幾度かのモデルチェンジを経て今なお売れていますが、各モデルのデザインが「オラオラ顔」のデザインを採用し始めてから売行きが上がっているといえます。

 なかでも、1997年に登場した日産の初代「エルグランド」がそれまで市場に流通していたミニバンに比べて、アグレッシブなデザインを採用したことで、予想以上の販売台数を記録しました。

 その人気ぶりを見ていたトヨタは、初代「ヴォクシー(2001年)」や初代「アルファード(2002年)」をきっかけに、続々とオラオラ顔に寄せたモデルを投入しています。

 また、日産・トヨタ同様にホンダの「オデッセイ」も3代目モデル(2003年)がオラオラ顔のデザインにモデルチェンジしたことで、爆発的な人気を誇ることになりました。

 初代「エルグランド」を販売していた日産の元販売店スタッフは次のように当時を振り返ります。

「当時のエルグランドは、他社のミニバンに比べてデザインが挑戦的でした。実際に発売するまでは売れるか不安でしたが、いざ蓋を開けると予想以上の反響があったのを覚えています。実際に購入されたユーザーからは、『奇抜なデザインが他人と被らなくて良い』と好評でした。

 しかし、2代目「エルグランド」では少しマイルドなデザインになったことと、同時期にトヨタからアルファードやヴォクシーが登場したことで、そっちに人気が移ったのか、初代エルグランドほどのインパクトはなかったと思います」

※ ※ ※

 その後、「エルグランド」は2010年に3代目へとモデルチェンジする際に、オラオラ顔を強調するデザインに変えています。
 
 しかし、既に当時は前述した2代目「アルファード」やそれをベースにさらにオラついた「ヴェルファイア」が登場し、販売台数において圧倒的な差をトヨタに付けられていました。
 
 その後でも、「エルグランド」は2019年までフルモデルチェンジをおこなっていませんが、「アルファード/ヴェルファイア」は2015年に、よりオラオラ顔を増したモデルへとチェンジしています。

 現在、「アルファード/ヴェルファイア」は、オラオラ顔ミニバンの代名詞的存在といわれるほどで、マイルドヤンキーからの人気を不動のものにしているのです。

マイルドヤンキー御用達! オラオラ顔ミニバンを見る(14枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント