レクサス「RC F」70キロ軽量化の高性能版は「文句無し」の性能を発揮

レクサス「RC F」がマイナーチェンジを受け、70キロの軽量化を果たした「パフォーマンス パッケージ」が新たに設定されました。標準モデルでも十分高性能な「RC F」ですが、高性能版ではどのような走行性能を発揮するのでしょうか。

いまや貴重な大排気量スポーツにサーキットで試乗

 レクサス「RC F」は、5リッターのノンターボV8エンジンを搭載したスポーツモデルです。ベンツやBMWの場合、徐々に厳しくなりつつある燃費規制をクリアするため、スポーツモデルも燃費が重要になってきました。

 しかし、トヨタは燃費の良いハイブリッド車などをたくさん販売しているため、少量なら楽しめるモデルを販売可能です。今や世界的に珍しくなった大排気量スポーツ「RC F」は、どんなクルマなのでしょうか。

レクサス「RC F」

 481馬力を発揮するRC Fの5リッターエンジンには、アイドリングストップさえついていません。WLTCモード燃費のうち、市街地モードの燃費を見ると5.3km/Lなのですから素敵です(WLTCモード全体では8.5km/Lまで向上)。

 しかし年間走行距離が少ないだろうから、環境に与える絶対的な負担という点では少ないと思います。いずれにせよ、乗るなら今のウチでしょう。

 趣味性の高いクルマは、無くても生きることは可能ですが、あれば人生の楽しさが膨らむことから、アルコールのようなものだと考えます。

 前置きはこのあたりにして、今回のマイナーチェンジで新設定された「パフォーマンス パッケージ」の試乗といきましょう。これは、標準モデルのRC Fから70kgも軽量化された高性能バージョンです。

 今回の試乗は、富士スピードウェイのフルコースを速度リミッター無しでお好きにどうぞ、という趣向でおこなわれました。

 5リッターV8エンジンに火を入れると、従来モデルより静かになっています。近年は燃費だけでなく騒音の規制も厳しくなっており、遠からずエンジン音は聞こえなくしなければなりません。

 車両設定をサーキットモードにセットした後に、ATをマニュアル操作に変更し、1速にしてコースイン。インラップで徐々にペースを上げていきます。コース状況もクリアです。

 最終コーナーのクリッピングポイントからアクセル全開にして、レッドゾーン手前でシフトアップしていくと、同じように加速していく標準モデルのRC Fにドンドン近づき、余裕で追い越せました。 

 考えてみたら、標準モデルより大人1人分も軽いのですから、当然といえるでしょうか。驚いたことに、ストレートエンドでは時速250キロを超えました。もちろん踏んでいればもっと出ます。

 ドカンとブレーキ踏むと、さすがブレンボ製を奢っただけあり、いわゆる「巨人に後ろから髪の毛を引っ張られた」ように減速しました。左右のバランスも良く、ドイツ車のように安定してます。

 ブレンボ製ブレーキもさることながら、サスペンションの取り付け部分の剛性が高いのだと思います(ノーマルパッドのため、タッチ数周は数周で悪くなりますが仕方ない)。

5リッターV8エンジン搭載! 「RC F」を写真で見る(31枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント