逆走問題なぜ起こる? 高速道で遭遇したときの対処方法とは

自分が逆走をしてしまったらどうする?

 比較的逆走が発生しやすいケースとして「間違って出口から侵入してしまった」というものがあります。

 NEXCOは、「間違えて高速道路へ流入してしまった場合は、入口料金所の通行券を受け取る機械にインターホンがありますので、料金所スタッフにお申し出ください。料金所スタッフの指示に従いお戻りいただくことができます」と説明しています。

 この場合、安全な場所に駐車し、周囲を十分に確認したうえで料金所まで行くか、料金所が有人であればスタッフにわかるよう何らかのアピールをするなどしたほうがいいでしょう。

 無人の場合でも、携帯電話などがあれば、電話などで誘導を受けることも可能で、入り口から一般道に出るためのう回路も用意されていますので、逆走することなく戻ることができます。

目的のインターチェンジを過ぎたら次の出口の料金所でスタッフに申告を

 また、インターチェンジを通過してしまった場合や、ジャンクションで進行方向を誤ってしまった場合は、以下のように記されています。

「目的のインターチェンジを通り過ぎてしまった場合は、高速道路上でUターン(転回)やバック(後退)はせず、そのまま走行し、次のインターチェンジで降りてください。インターチェンジ出口では一般レーンをご利用いただき、料金所スタッフにお申し出ください。目的のインターチェンジまでお戻りいただけるようご案内しますので、料金所スタッフの指示に従ってください(NEXCO東日本)」

 こうした場合は、「特別転回」という制度が適用され、 その際の通行料金も当初流入したインターチェンジから目的のインターチェンジまでの通行料金で通ることができます。

 上記の対応は、インターチェンジの構造等によっては対応できない場合がありますので、注意が必要です。その場合は、料金所のスタッフなどの指示に従ってください。

 また、図らずも逆走状態になってしまった場合は、すぐに路肩に車を停めてハザードランプを転倒し、道路管理者に連絡することが望ましいです。

【了】

遭遇したらどうする? 「逆走」の対象に関する画像を見る

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント