デリカミニの実力はいかに 新型「eKクロス」はライバルより優れている?

日産との共同開発によって誕生した三菱の新型軽自動車「eKクロス」と「eKワゴン」。デリカに激似なデザインに注目されがちですが、実際の実力はどうなのでしょうか。

共同開発車の日産「デイズ」との違いはいかに?

 いま、軽自動車市場で注目されているのが、2019年3月28日に発売された三菱の新型軽自動車「eKクロス」です。日産と共同開発したモデルで、ボディの基本部分は日産「デイズ」と同じですが、「eKクロス」のフロントマスクは三菱車の統一されたデザインに仕上げ、マイナーチェンジを受けた「デリカD:5」に良く似ています。

新型「eKクロス」(左)と「デリカD:5」(右)

 軽自動車のボディサイズは、全車がほぼ共通です。全長3395mmと全幅1475mmは、各車ともに規格枠いっぱいの寸法で差が付きません。全高は車種によって異なりますが、今は1600mm以上の背の高いクルマが、新車として販売される軽乗用車の75%を占めています。

 このように軽自動車は、全高まで含めてサイズが共通化され、なおかつライバル同士が車内の広さを競っているため、どの車種でも外観が同じように見えてしまい、個性を発揮させにくいのが現状です。

 同じでeKシリーズでも、ベーシックな「eKワゴン」は、「デイズ」とフロントグリルの内側が違う程度ですが、「eKクロス」は独自のデザインです。

 三菱の販売店では、「デザインが同じだと、多くのお客様が日産デイズを選びます。しかし新型はデイズと明らかに形状が異なるので、eKクロスを積極的に選んでいただけます。これはとても良いことです」とコメントしています。

 メーカーの開発者は、「eKクロスでは、日産の開発したボディに、三菱がデザインしたフロントマスクを組み合わせました。この開発は大変でしたが、三菱の個性を演出することができました」と述べています。

 新型「eKクロス」のボディ形状は、運転席に座ると、ボンネットがわずかに見えて車幅が分かりやすいです。一方で、サイドウインドーの下端を後方で持ち上げたため、斜め後ろは少し見にくくなりました。

 インパネは、設計の新しい軽自動車らしく上質です。とくにオプションのプレミアムインテリアパッケージを装着すると、シート生地が合成皮革&ファブリックに上級化され、インパネを含めて本物のステッチ(縫い目)が施されます。

 このオプション価格は、5万4000円となり「デイズ」のプレミアムコンビネーションインテリアの3万2400円よりも高いですが、シート色はタンで生地も柔らかく、デイズ以上の質感が得られます。車内の雰囲気は、コンパクトカーを飛び超えてミドルサイズ並みといえます。

 シートの座り心地は、前席は快適で、サイズに余裕があり、背中から腰、さらに大腿部をしっかりと支えるので、長距離ドライブでも疲れにくいです。

 後席の座り心地は良くなく、床と座面の間隔が不足して、足を前方に投げ出す座り方になります。背もたれと座面の柔軟性も乏しく、座り心地のボリューム感も不足しています。

 ただし、プレミアムインテリアパッケージは少し快適です。前述のようにシート生地が柔らかく、伸縮性も優れているため、体の受け止め方が優しく感じます。大人4名で乗車する機会の多いユーザーは、シート生地の違いを確認して選ぶと良いでしょう。

 後席のスペースは十分に広いです。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先には握りコブシ3つ少々、頭上には握りコブシ1つ少々が収まります。Lサイズセダンは同じ測り方をして後席の膝先空間が握りコブシ2つ半程度なので、eKクロスの前後方向の足元空間はとても広いです。

 後席と荷室のアレンジは、ライバル車に比べて単純です。後席の前後スライドは左右分割式ではなく一体式なので、3名乗車で荷物をたくさん積んだり、後席の右側に大人、左側に子供が座る時などの使い勝手は不利になります。

 また、後席の背もたれを前側に倒すと、座面も連動して下がる機能も備わらないので、広げた荷室の床に段差ができます。スズキの「ワゴンR」は後席のスライドと座面の昇降機能が備わり、両方ともに左右分割式ですから、これに比べると「eKクロス」は荷室の使い勝手が劣ります。

 収納設備は豊富です。助手席の前側にはボックスティッシュが収まる引き出しがあり、インパネの中央にも同じく引き出し式のトレイとカップホルダーが備わります。助手席には車検証を収めるケースがあり、グローブボックスをフルに使えるようにしました。

デリカミニの魅力を画像でチェック!(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント