スマートから、ガソリンモデル最後の特別仕様車が登場

メルセデス・ベンツは、シティ・コンパクト「スマート」の特別仕様車「スマート フォーツー ブラックシルバーエディション」と「スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション」を発表。2019年4月19日より、全国のメルセデス・ベンツおよびスマート正規販売店ネットワークより販売します。

ガソリンモデル最後の特別仕様車

 スマートは、最小限のボディサイズに最大限の利便性、快適性、安全性、環境適合性を凝縮したマイクロコンパクトカーとして1998年にデビューし、全世界累計販売台数は220万台以上。日本でも4万台以上を販売し、多くのファンに愛されるモデルです。

 そんなスマートから、2019年4月19日「smart fortwo BlackSilver edition(スマート フォーツーブラックシルバーエディション)」と「smart cabrio WhiteBrown edition(スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション)」の2つの特別仕様車が登場しました。

 次期モデルより電気自動車専用ブランドとなることが決まっているスマートにとって、この2台はフォーツー/カブリオ共にガソリンモデル最後の特別仕様車となる予定です。

スマート カブリオ ホワイトブラウンエディション

 今回発売となった特別仕様車は、最高出力90馬力、最大トルク135N・mを発生する「 スマート フォーツー ブラバス スポーツ 」 のパワートレイン を搭載。

「スマート フォーツーブラックシルバーエディション」(全国限定50台)にはブラックとシルバーマットを基調とした専用装備が、「スマート カブリオホワイトブラウンエディション」(全国限定30台)にはホワイトとブラウンを組み合わせた専用装備が施され、通常は設定の無い「スマート ブラバス テーラーメイド」プログラム専用装備が採用されています。

スマート最後のガソリンモデル特別仕様車を写真で見る(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント