“いまは脇役”トヨタ「マークX」販売終了か マークII後継で主柱を期待も時代の波に勝てず

後輪駆動のスポーティセダンとして人気を博したトヨタ「マークX」は、今では販売が低迷し、2019年中に販売終了を迎えるといわれています。なぜマークXが幕を閉じるのか、その真相に迫ります。

ハイブリッドやターボがあれば…トヨタ「マークX」

 後輪駆動のスポーティセダンとしてトヨタの一時代を築いた「マークX」がリストラの危機に瀕しており、2019年内に販売が終了する可能性が高いといわれています。爆発的人気を誇ったトヨタ「マークII」の後継モデルとして期待された、トヨタ「マークX」の販売が終了といわれる背景には、どのような事情があるのでしょうか。

PRハイソカーやスポーティセダンとして時代を駆けた!トヨタ マークXの中古車情報はコチラ

トヨタ「マークX」最後の限定車「GRMN」

 ハイソカーとしてのジャンルを築いて爆発的な売れ行きを誇ったトヨタ「マークII」の後継車種として、マークXは2004年に登場しました。

 2009年には現行型にフルモデルチェンジされ、2010年頃のマークXは1か月に2500から3000台を販売していました。

 しかし、最近では積極的な改良が行われず、全盛期の1割程度の250から300台と販売状況で売れ行きが低迷しています。

 マークXが販売面で苦戦した一番の理由は、パワートレインが古いことでしょう。トヨタブランドのほかのセダンモデルは、ハイブリッドやターボエンジンを加えて売れ行きを保つのに、マークXのエンジンはV型6気筒の2.5リッターと3.5リッターのノーマルタイプのみです。

 同じ後輪駆動のプラットフォームを使う先代「クラウン」は、新しいパワートレインを採用していたのに、マークXは放置されました。

 マークXを取り扱うトヨペット店からは、「マークXに2.5リッターエンジンをベースにしたハイブリッドが追加されれば、エコカー減税も免税になって売れ行きを伸ばせます。

 しかしトヨタはカムリやSAI(すでに販売終了)を売りたかったので、マークXは古いエンジンを使い続けてきました。マークXはマークIIの後継なので、本来はトヨペット店の柱になる車種ですが、今は脇役です」という自嘲気味のコメントもありました。

 ところがさらに時間が経過すると、マークXのハイブリッドや2リッターターボを用意せず、自然吸気のV型6気筒2.5リッター&3.5リッターのみを搭載するクルマ造りが、むしろ個性として際立ってきました。

トヨタ「マークX」販売終了へ…最後の限定車「マークX GRMN」ってどんなクルマ?(20枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント