コレは凄い! トヨタ「センチュリー」匠のスゴ技光る驚きの制作過程とは

センチュリーの塗装は7層 塗装工程だけで一週間かかる

100本以上の蛍光灯で塗装の仕上がりをチェックする

驚きのポイント3:手作業の修正が細かすぎる

 センチュリーのボディ横には、フロントからドアを経て、リアまでまっすぐなプレスラインが入っています。ところが、そのラインはただの一本線ではありません。1cm弱ほどの幅があり、日本古来の「几帳面」と呼ばれる角の処理となっています。ただし、機械で角を作ったままだと微妙な凹みが残ってしまうそうで、ほかにあるラインも角をきれいにする必要もあるとか。

 そのため、ボディは最後に手作業で仕上げられます。専門のクラフトマンが手作業によって叩き、グラインダーで磨く、まさに職人芸です。これができる人間は、わずか3名しかいないというのも驚きです。

 そしてボディが完成したら、最後にドアの取り付け角度の修正です。プレスラインがまっすぐになるように、ドアのヒンジの部分を調整します。見ていると、実際には数ミリのズレが。これは、後に内装材を取り付けると重量でドアが下がるので、それを見越しているためとか。また、ボディとドアの隙間は3.5mmで、これはトヨタ最小の数値です。この修正とチェックだけで1時間もかかるそうです。

驚きのポイント4:通常のボディ塗装は4層のところ7層

 通常の量産車の塗装は、4層構造になっています。ところがセンチュリーのブラック塗装(エターナルブラック「神威」)は7層構造。普通は「電着」「中塗り」「ベースカラー」「クリア」で完成です。ところがセンチュリーは、その上に「ベースカラー」「カラークリア」「トップクリア」の3層をプラス。いってしまえば普通の塗装を2回行うようなもの。

 しかも2018年の新型車からは、色がついた「カラークリア」を採用しています。粒子の細かい染料が入っているため、光を反射にしにくくなります。つまり、より黒黒とした色になるのです。センチュリーといえば黒。その黒にとことんこだわった塗装なのです。

驚きのポイント5:塗装ブースから出てくるのに1週間もかかる

 通常の塗装は4層のところ、7層も塗装するセンチュリーでは塗装に時間がかかります。しかも、途中で1時間かかる水研を3回し、仕上げにもバフ研磨を行います。水研とは、水を流しながら塗装面をきれいに研磨するというもの。バフ研磨は、仕上げとして文字通りに鏡のようになるまで、表面を磨きあげます。

 もちろんこれらの研磨作業は手作業。これも、できる人は、4名+訓練中2名のわずか6名しかいません。仕上がった塗装面の「ツヤ感」「肌の美しさ」は世界最高峰レベル。ピカピカのCピラーに写る自分の姿を見て、ネクタイを直すのがセンチュリーに乗るVIPのお約束とか。それほど塗装にこだわっているため、1台のセンチュリーにかかる塗装時間は約40時間。つまり1日8時間の作業だと、月曜にスタートしてから金曜まで、約1週間もかかってしまうのです。

これがセンチュリーの製造工場! 最高級セダンの工場を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 私も所有してみたいですが、叶いませんけれど
    ロールスロイス、マイバッハを凌ぐ高級で、品格のある世界に通じる車を作り続けて、知名度で2社を追い越して下さい。
    性能では前期2車よりは優れていても、劣ることは無いと思いますが、海外東南アジアでも、何かの式典その他が有る時には、どうしても“ロールスロイス”が大きな顔をして・・・大衆車では日本車が圧倒的に多く走って居ますが、そんな時、日本人として悔しい~思いがします。

  2. 塗装は4層のところ7層で、「ベースカラー」がダブってる。

  3. 塗装に1週間かかるのに、よくも50台/月も造れるもんだな。

  4. トヨタの販売店に勤務していた知人が会社を辞め独立したとき以前から欲しかった日産のプレジデント(2代目、シーマベースの)を買いました。知人曰く「これが1,000万する車か〜!とてもそんな価値無し。トヨタと日産の工場のレベルの差ってこんなに有ったのか」って言ってました。90年代の日産はこうして凋落していったのかな。そう言ってた知人はその後「Z」に買い替えました。あれっ?