ホンダがF1好調で活気戻る!? 再び日本の技術が世界で評価される日が来るか

今年のF1開幕戦であるオーストラリア・グランプリ(以下:GP)でホンダが3位表彰台に上がるや、関心が低かった日本のメディアでF1関連の記事も驚くほど増えたのです。

ホンダとF1、会社全体に変化をもたらす

「数あるモータースポーツの中で『F1』は圧倒的に関心が高い」と改めて思いました。近年ではトヨタがル・マン24時間耐久レースで優勝したり、インディ500で佐藤琢磨選手が日本人初優勝するなど、世界3大レースといわれる大会で活躍していても、報道するメディアは少数でした。

 しかし、今年のF1開幕戦であるオーストラリア・グランプリ(以下:GP)でホンダが3位表彰台に上がるや、モータースポーツに関心が低かった日本のメディアでもF1関連の記事が驚くほど増えたのです。

2019年F1開幕戦オーストラリアGPで3位表彰台をゲットしたレッドブル

 2019年3月末に行われたF1第2戦バーレーンGPなど、予選や決勝だけでなく金曜日に行われるフリー走行まで、20以上の日本のWebメディアが速報したほどです。

 この流れを受け、ホンダ全体に変化が出ています。

「HONDA」というメーカー、創業から技術でブランドイメージを引っ張ってきました。夢に対する投資に糸目を付けない破天荒な本田宗一郎さんを、藤沢さんという副社長がフォローしてきたワケです。しかしその流れは「第3期」と呼ばれるF1参戦で絶たれてしまいます。毎年巨額の投資をしながら、1度しか勝てなかったのです。

「第3期」のホンダF1は、最後、リーマンショックを理由に逃げ出すように撤退することになりました。この時点からホンダの技術的なイメージは急激に下がっていきます。決定的になったのは現行「フィット(3代目)」の大量リコールです。

 同じ車種が7回もリコールを繰り返したことなど日本車の歴史になく、国交省から強烈な嫌みを言われたほど。酷い目にあったのは、ユーザーとディーラーです。

 ユーザーからしてみれば、何度もリコールを受けなければならず「いい加減にしてくれ」。その不満をぶつけられた現場のディーラーだって厳しい状態が続きます。リコール対応の整備を行うサービススタッフは残業に次ぐ残業で疲弊し、優秀な営業担当も次々と辞めてしまったと聞きます。そんなことから、直近の数年を見ると、海外の営業部門がホンダを支えてきた状況になっています。

同一車種で7度のリコールという汚点を残してしまった「フィット」

 少しばかり複雑になりますが、利益を挙げている営業部門はアメリカ。日本市場を見るとブランドイメージの低迷で臆病になってしまい、営業部門も思い切った戦略を打てない状況。損をしないことを重視した結果、日本で売る車は全て割高の価格設定になってしまったようです。当然ながら2018年に日本に投入した新型車「CR-V」「クラリティ」「インサイト」も伸び悩んでます。

 ホンダの開発部門の人達と話をすると、異口同音に「アメリカで『プリウス』より安い価格を付けている『インサイト』に、日本だと60万円以上高い値を付けていたり、同じく『RAV4』と同等クラスの『CR-V』を日本で驚くほど高い値付けをしているのを見ると売れなくて当然だな、と思います」。フィットでリコールを連発し、F1から尻尾を巻いて逃げたのが根っこにあると思います。

何が変わった?今年のF1マシンを画像で見る

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント