アウトドアや車中泊に実は最適!軽ハイトワゴン5選

冬も終わり、暖かくなってくると休日に楽しみたいのがアウトドア。荷物も色々積みたいし、車内での休憩や車中泊も楽しいと思います。しかし、そのために大きなクルマを購入する訳にもいきません。そこで、維持費も安くアウトドアにも最適な、おススメ軽自動車を集めました。

アウトドアにも使えちゃう!便利な軽ハイトワゴン

 アウトドアを楽しむためのクルマで重要となるのは、積載性や利便性。しかし、維持費や駐車場の問題から、誰もが大きなクルマを所有できる訳ではありません。そのため、普段は小さな軽乗用車に乗っていて、キャンプやBBQに出かける時はレンタカーを利用するなんて方も多いのではないでしょうか。ですが、軽自動車のなかにも積載性や実用性の高い、アウトドアにおススメのモデルは存在します。

三菱EKクロス

●三菱「EKクロス」

三菱EKクロス

 2019年3月28日に発売されたばかりの、三菱の新しいSUVテイストクロスオーバーモデル EKクロスは、日常から一歩踏み出し、アクティブに冒険してみたい人に向けた新しい軽ハイトワゴンです。

 路面の状況に応じた走りを実現するフルタイム4WDや、クルマの動きを安定させるASC(アクティブスタビリティコントロール)、雪道やぬかるみでも不安なく運転できるグリップコントロールなどを搭載し、走破性は抜群。どんな場所でも気兼ねなく走行することが可能です。

 さらに、新型プラットフォームの採用で、広いキャビンと荷室を両立。後席の足元は、大人が余裕で足を組める広さを実現し、利便性と快適空間を兼ね備えています。

●スズキ「ハスラー」

スズキ ハスラー

 ハスラーのおススメポイントは、なんと言ってもシートの使い勝手です。

 乗車定員2人の後部座席はそれぞれ独立していて、運転席以外は背もたれを前方に倒すことができるので、3人乗り、2人乗りなど座席を調整することによりサーフボードなどの大きな荷物の積載が可能となります。

 さらに前席の背もたれを後方へ倒す事で、フルフラット状態にもなるので、2名分のくつろぎ空間としても利用可能で、積載性や実用性だけでなく居住性も抜群。メーカーオプションでさまざまな便利装備やアウトドア用グッズなどもラインナップされているので、組み合わせ次第でオーナー理想の車内空間を作り上げる事もできるのです。

 また、オプション装備の1つにベッドクッションも用意されていて、全ての座席を前方に倒す事で大人2名が足を伸ばして寝る事もできるので、車中泊にもおススメの1台となっています。

●スズキ「スペーシアギア」

スズキ スペーシアギア

 スペーシアギアも、ハスラーと同じく座席を調整する事での積載性や実用性の変化が魅力ですが、さらにおススメしたいのがシート背面と荷室フロアが汚れに強い防汚仕様となっていること。そのため床面の汚れを気にすることなく、泥で汚れた荷物や自転車などを積むことが可能です。

 さらに、シート自体も全席撥水加工仕様となっていて、マリンスポーツや川遊びなどで水に濡れたまま座っても、しみ込むことはありません。

 また、室内高も1410mmと比較的高く、着替えや靴の履き替えなども無理なく行うことができるので、アウトドアでクルマを使用する時に懸念される問題をほとんどクリアしています。

アウトドアや車中泊におススメの軽ハイトワゴンを写真で見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント