激売れN-BOXやスペーシアに対抗? 日産・三菱の新型軽自動車から見るニーズの変化とは

軽自動車市場は年々、競争が激化しています。ホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」を筆頭に白熱しているジャンルですが、新たに日産・三菱の共同開発モデル「デイズ」「eK」が発売されることで、市場にはどのような変化があるのでしょうか。

激化する軽自動車市場の動向とは

 国内のクルマ業界において、『軽自動車』は大きな市場といえます。2018年(1月から12月)の販売台数ランキングでは、ホンダの軽自動車「N-BOX」が前年比110.7%増の24万1870台と2年連続の首位となるなど、上位10車種のうち、7車種が軽自動車です。

 軽自動車は、元々車両価格やサイズ感において手軽さが特徴のクルマでした。しかし、最近はユーザーの軽自動車に対するイメージが変わりつつあるといいますが、どのような変化があったのでしょうか。

軽自動車市場において販売台数上位にいるホンダ「N-BOX(左)」とスズキ「スペーシア(右)」

 三菱は、2019年3月に新型の軽自動車「eKワゴン」と「eKクロス」を発表。その事前説明会では、国内における軽自動車市場の動向を公表しています。

 国内の軽自動車市場において、約30%のユーザーは「ハイトワゴン」を選び、そのなかのユーザーのうち、約25%はカスタム系のモデルを購入しているようです。

 また、軽自動車を購入する際に重視しているポイントは、ここ10年で変化が見られています。2008年時点では、『税金・保険などの諸経費』『車両価格』『燃費』の順で重要視されていましたが、2018年には『車体色』『車両価格』『スタイル・外観』を気にするユーザーが増えています。

 対して「eKシリーズ」と共同開発車の日産「デイズシリーズ」の説明時には、『軽自動車への期待の変化』について次のように説明しています。

「2009年時点では、軽自動車をファーストカーとして所有している比率は、36%でした。その後、2017年時点では43%と徐々に比率が高まっています。また、軽自動車の使用用途については、過去に『買い物』『通勤・通学』が上位でしたが、最近では『趣味・レジャー』が『通勤・通学』を抜いているなど、従来の軽自動車に対するイメージや使われ方が変化していることが分かりました」

※ ※ ※

 クルマに対するニーズは、時代とともに変化しているようですが、軽自動車においてはとくに顕著に表れているようです。

日本のためのクルマだ! 激化する軽市場!多彩な人気軽を画像で見る(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント