日本デビューはある? トヨタ 新型ハイエースはなぜ海外で発表されたのか

2019年3月27日から一般公開された、タイのバンコクモーターショー。そこには、トヨタの発表前からSNSで話題となっていた新型ハイエースが展示されていました。ハイエースとしては初となるセミボンネットを採用した新型ハイエースは、一体どのようなクルマなのでしょうか。

トヨタ ハイエースは全世界で624万台売れているグローバルカー

 タイの首都バンコクで、2019年3月27日から一般公開されている「バンコクモーターショー」。そのトヨタブースには、なんと新型のハイエースが展示されていました。

 意外に感じる人もいるかもしれませんが、ハイエースは世界の約150ヵ国で販売されているトヨタを代表するグローバルモデルのひとつ。全世界で累計624万台も売れている人気のクルマです。

PR圧倒的な信頼性でビジネスを支える! トヨタ ハイエースの中古車情報はコチラ

新型ハイエース タイ仕様 コミューター

 もちろん、バンコクをはじめとするタイでもハイエースを驚くほどの頻度で見かけます。ただし日本とは異なり、主に見かけるのは荷物運搬用のバンではなく「コミューター」という車名の多人数乗車仕様。マイクロバス的な存在として送迎サービスや貸し切り移動、そして長乗り合いバスとしても使われています。

 日本では、多人数乗車モデルの仕様名として使われている「コミューター」ですが、タイでは荷物運搬用のバンが「ハイエース」、内装を上質化したミニバン的な乗用モデルが『ベンチュリ―』、そしてスーパーロングボディの多人数乗車仕様が「コミューター」とそれぞれ別の車名で販売しています。

 貸し切りでお客を運ぶ「コミューター」の多くは内装を豪華仕様にアレンジするという、タイ独自の文化も興味深いところです。なお、タイでは日本から部品を輸入し、現地で組み立てをする「ノックダウン生産」で市場へ供給されています。

 バンコクモーターショーで展示されていた新型ハイエースは、2019年2月にフィリピンで世界初披露されたモデル。ボディにはショート(標準ルーフ)とロング(ハイルーフ)があり、バンコクモーターショーで展示されていた「コミューター」は後者のロングタイプ。全長5915mmのボディは『とにかく長い!』と驚かずにはいられませんでした。

 新型ハイエースには1GD型の2.8リッターディーゼルエンジンと、7GR型3.5リッターガソリンが用意されるとアナウンスされています(タイのコミューターは後者と思われる)。

 そして特徴は、そのエンジンを日本の現行モデルのように運転席&助手席の下ではなく、車体前方へパッケージしたこと。これは前面衝突時に衝撃吸収ゾーンを設けるという安全上の理由からで「一部地域ではトヨタセーフティセンスを採用し、ユーロNCAP(欧州の衝突試験)の基準で 五つ星相当の性能を実現している」とトヨタはいいます。

さすがにデカすぎ!タイ仕様の新型ハイエースを画像で見る(22枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 宣伝がうざすぎる、度を越えてる。

  2. 教えて頂きたい事があります。4路線あると記載された高速自動車国道のうち、名神高速道路はどの路線のことでしょうか?現在建設中の新名神高速道路は、第1名神が無いため、第2名神の名称を変更したと聞いています。私が記憶している道路名称は中央自動車道(西宮線)ではなかったかと思います。