• くるまのニュース
  • ライフ
  • 販売好調アルファロメオの次なる一手はディーゼル車導入 「ステルヴィオ」と「ジュリア」に搭載

販売好調アルファロメオの次なる一手はディーゼル車導入 「ステルヴィオ」と「ジュリア」に搭載

2018年に販売が好調だったアルファロメオは、「ジュリア」と「ステルヴィオ」にディーゼルエンジン搭載モデルを導入します。

堅調に台数を伸ばすアルファロメオ

 FCAジャパンは、アルファロメオ「ジュリア」と「ステルヴィオ」にディーゼルエンジンを搭載したモデルを追加し、2019年4月6日より販売を開始すると発表しました。

ディーゼルエンジンを搭載したアルファロメオ「ステルヴィオ」

 その発表記者会見では、最初に2018年のFCAジャパンの振り返りが行われました。2018年アルファロメオ・フィアット・ジープ・アバルトの日本での総販売台数は2万2450台と、新記録を達成し、3年連続で2万台の大台を超えたことになります。

 2018年、中でもアルファロメオには多くの話題がありました。FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・ヘグストロム氏も「これほどモデルラインナップがフレッシュで、かつワイルドになったのは本当に久しぶりです」と相好を崩しました。

 いくつか例を挙げると、「ジュリエッタ」は商品改良により、240馬力、1.8リッターターボエンジンに統一されると同時に、販売価格を400万円未満からのスタートとしたほかに、プレミアムモデルの「4C」については、「4Cコンペティツィオーネ」と「4Cスパイダーイタリア」の2つの特別限定車の販売が開始されました。

 そして、フラッグシップセダンである「ジュリア」は2017年終盤に販売開始され、2018年はフルイヤーでの販売となりました。

国内のディーラー網を拡大したのも好調な販売をけん引

 初年度の実績についてヘグストロム氏は、「アウディ『A4』を超え、さらにジャガー『XE』の2倍という結果でした」とコメントし、非常に好調であることをアピールします。

アルファロメオ「ステルヴィオ」に搭載されたディーゼルエンジン

 最後はアルファロメオ初のSUVとなる「ステルヴィオ」。2018年-2019年日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーに選出されるなど、注目度が高いモデルです。

「世界最高のドライビングロードと称されるステルヴィオ峠の名を冠しているように、ハンドルを握ればすぐにその理由が納得してもらえるでしょう。高性能な四輪駆動モデルであり、それでいて何よりもアルファロメオらしい純粋なスポーツカーでもあります」とヘグストロム氏は紹介します。

 またこの「ステルヴィオ」には510馬力を誇る2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載した「クアドリフォリオ」も追加されました。

 ヘグストロム氏は、「このエキサイティングなラインナップにより、アルファロメオにとって2018年は素晴らしい一年となりました。販売台数は2458台。この数字は前年比で+40%となっており、これによりアルファロメオは2018年、日本においてもっとも成長したブランドとなったのです」と述べました。

 この数字にはディーラーも大きく貢献しています。ヘグストロム氏は、「エクスクルーシブでプレミアム感の高いディーラーネットワーク構築のために大きな投資をしてくれています。日本市場においてこれほどのペースで、そしてこれほどの規模の改修をしているブランドはFCAジャパンのジープブランドを除いて他にないでしょう」とコメントしました。

 現在ディーラー拠点は札幌から熊本まで全国に47拠点。そのうちの25店舗が2018年末までに完全に新規、または大規模な改修を経たものとなっているそうです。残る22店舗も今年中に同様の改修を行う予定とのことでした。

アルファロメオ「ステルヴィオ」と「ジュリア」の画像を見る(20枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事