ドゥカティの個性派モデル新型「ディアベル1260」生産開始

ドゥカティの個性派モデル新型「ディアベル1260」は、初代モデルから一層迫力のあるスタイリングに変更されました。

迫力あるスタイルをさらに強調し登場

 昨年イタリア・ミラノで開催されたEICMAで正式デビューを果たした「ディアベル1260」は、伝統にとらわれないユニークで迫力あるスタイル、他と見間違いようのないデザイン、そしてスポーツネイキッドならではのハンドリングを備えています。

EICMA2018で発表された新型「ディアベル1260S」

 第二世代に進化した「ディアベル1260」は、さらに個性を強調されたラインや、パフォーマンスに磨きをかけて、あらゆる道でより楽しく快適にライディングすることが可能です。

「ディアベル1260」は、最高出力159psを発揮するL型2気筒テスタストレッタDVT1262エンジンを搭載し、圧倒的な加速と、低回転域におけるスムーズな出力特性を実現、毎日使われる方やロングツーリングにも理想的に対応します。

「ディアベル1260」は、スチール製チューブを備えた新しいトレリス・フレームと、サイズが変更されたアルミニウム製スイングアームを特徴とし、コーナーでは優れた俊敏性を発揮しながら、クルーザー・モデルを彷彿とさせる快適なライディングが実現しています。

 ライディングポジションは、高いハンドルと厚手の大きく柔らかいシート、ディアベルの特徴でもある幅の広い17インチ・リヤホイールにより、ライダーとパッセンジャーの両方に素晴らしい快適性を提供します。

SモデルにはL型2気筒テスタストレッタDVT1262エンジンとオーリンズ製サスペンションを装備

 オーリンズ製サスペンション、前後専用ホイール、さらに高性能なブレーキ・システム、ドゥカティ・クイック・シフト(アップ/ダウン)EVOを標準搭載した “S”バージョンも用意。新型「ディアベル1260」は、2019年2月中旬にヨーロッパのディーラーから販売開始予定です。

 車体色は、ディアベル1260には、サンドストーン・グレイが用意され、ディアベル1260 Sには、サンドストーン・グレイおよびスリリング・ブラック&ダーク・ステルスが設定されています。

【了】

ドゥカティ新型「ディアベル1260」を画像で見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事