• くるまのニュース
  • ライフ
  • 製作2000時間、33万4544個の“レゴ”作ったシボレー「シルバラード」が話題! 過去にはブガッティ「シロン」も

製作2000時間、33万4544個の“レゴ”作ったシボレー「シルバラード」が話題! 過去にはブガッティ「シロン」も

米国ゼネラルモーターズの自動車ブランド「シボレー」と、デンマークの玩具メーカー「レゴ」は、2017年に続く第二弾プロジェクトとしてピックアップトラック「シルバラード」のフルスケール・モデルを発表しました。

シボレーとレゴによる“粋”なプロジェクト

 米国シボレーは、デトロイトモーターショー2019(NAIAS2019)で知育玩具ブランドとして知られる“レゴ”と共同で製作したピックアップトラック「シルバラード1500 LT トレイル・ボス」のフルスケール・モデルを発表しました。

シボレー「シルバラード・レゴ」(右上)/ブガッティ「シロン・レゴテクニカ・バージョン」(右下)とモデルとなった現車

 レゴは、2017年にシボレーと「レゴ・バッドモービル」を、2018年には実際に人を乗せて走ることのできるブガッティ「シロン・レゴテクニカ・バージョン」を製作することで話題を集めてきました。

PRシボレー シルバラードの中古車情報はコチラ!

 展示された一台は、映画「LEGO ムービー」の続編で2019年3月に公開予定の「LEGO ムービー2」のPRも兼ねて製作されたといいますが、その作業はオックスフォード・コミュニティスクールとラルフ・ウォルドー・エマーソン小学校の生徒たち18人が協力して行っています。

デトロイトモーターショー2019で展示されたシボレー「シルバラード・レゴ」

 総製作時間2000時間、合計33万4544個の一般的なレゴ・ブロックで組み上げられた「シルバラード1500 LT トレイル・ボス」のフルスケール・モデルは、ライト類こそ点灯するものの、ブガッティ「シロン・レゴテクニック・バージョン」とは異なり、走行することはできませんが、そのシルエットは現車にかなり近いものです。

 シボレーは、「LEGO ムービー2ではミニサイズの“シルバラード”が登場予定です」とコメントしています。
 
 
【了】

これは凄い! 実車サイズのレゴグルマたちの画像を見る(15枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕!

最新記事