なぜ売れる? 軽の二大巨頭、ホンダ「N-BOX」とスズキ「スペーシア」が人気の理由

軽自動車販売台数ランキングの1位ホンダ「N-BOX」と2位スズキ「スペーシア」。人気の軽自動車市場で、2台が売れる理由はどこにあるのでしょうか。

軽自動車の2大巨頭「N-BOX」と「スペーシア」の人気理由とは

 日本独自の規格となる「軽自動車」ですが、なかでも「軽ハイトワゴン」と呼ばれる背の高いタイプのモデルが人気です。販売台数において、軽ハイトワゴンのホンダ「N-BOX」とスズキ「スペーシア」は、しのぎを削るライバル車です。2018年11月の「軽四輪車 通称名別 新車販売速報」では、1位ホンダ「N-BOX(1万9485台)、2位スズキ「スペーシア(1万1812台)」。数多く販売される軽自動車のなかで、この2台が人気な理由はどこにあるのでしょうか。

軽自動車の人気1位・2位のホンダ「N-BOX」とスズキ「スペーシア」

 ホンダの「N-BOX」には、標準モデル「N-BOX」とカスタム仕様「N-BOX custom」という2つのタイプが存在。それぞれ「ベンチシート仕様」、「スーパースライドシート仕様」、「スロープ仕様」という室内レイアウトが異なっています。

 パワートレインのNA仕様は、660ccで最高出力58PS、最大トルク6.6kgf・m、ターボ仕様は同排気量の最高出力64PS、最大トルク10.6kgf・m。カタログ燃費(JC08モード)は、23.0km/L(4WD)から27.0km/L(2WD)を誇ります。

 ボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mm(1815mm)で、タイヤサイズは155/65R14または165/55R15。グレード展開は、パワートレインの違いとしてNA仕様とターボ仕様など、「N-BOX」で全12グレード。「N-BOX custom」は、全6グレードのラインナップです。

 ホンダの軽自動車は、他車に比べパワフルなエンジンと言われています。ターボ仕様では、各社64PSと同等の数値ですが、NA仕様では若干他車よりも高出力なため、市街地などの加減速量が多い場面でもストレスなく運転できます。

 軽自動車戦国時代のなかで、「N-BOX」が売れる理由について、ホンダは次のように話します。

「お客様の声として、先代から室内の広さを好評頂いています。また、『N-BOXからN-BOX』へ乗り換えされる方も多く、2017年にフルモデルチェンジした現行モデルは走行性能が向上したことや、安全性に対するニーズとして、軽自動車でも普通車と変わらない部分が理由です。N-BOXは、走行性能や利便性、安全性など総合的に普通車と変わらないのが、人気の秘訣と言えます」

軽で人気のホンダ「N-BOX」とスズキ「スペーシア」を画像で比較(19枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事