ホンダ新型「ヴェゼル」 マイナーチェンジ後のハイブリッド車試乗や中古相場までを紹介

ホンダ新型「ヴェゼル」は2018年2月にマイナーチェンジ。今回は、ハイブリッドモデルを実際に試乗した様子(乗り心地・燃費)や中古相場を紹介します。

ホンダ新型「ヴェゼル」のハイブリッドモデルを試乗

 コンパクトSUVは、人気ジャンルのひとつです。トヨタ「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」、マツダ「CX-3」など各社でラインナップされています。

 今回は、2018年2月にマイナーチェンジされ、より洗練されたホンダ新型「ヴェゼル」を東京都内から山梨県・山中湖を往復(約348km)した試乗インプレッションや実際の燃費を紹介します。

2018年2月にマイナーチェンジしたホンダ新型「ヴェゼル」のハイブリッドモデル

 ホンダ「ヴェゼル」のラインナップは、大きくガソリン仕様・ハイブリッド仕様、2WD・4WDに分かれ、快適装備や安全機能からスタイリッシュな「RS」というものまで、全7グレードを展開しています。

 試乗車は、「ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING(4WD)」。パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジン+モーター(最高出力:132PS/最高トルク16.3kgf・m)、7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載したハイブリッド車です。

 ボディサイズは、全長4330mm×全幅1770mm×全高1605mm、車両重量1390kg。カタログ燃費値(JC08)は、21.6km/Lです。実際の試乗ではどうなのでしょうか。
 
 まず、ホンダ本社がある東京・青山からスタート。都市部では、信号によるストップ・アンド・ゴーや交通量の多さに加え、エアコン温度(22度)、エコモードOFFという走行条件により、メーター上の平均燃費は、12.7km/Lです。

 発進時にモーターのアシストを得られるため、スムーズに加速し、もたつくことはありません。また、ボディサイズや運転目線の高さもあって、細い路地でもキビキビと走ることができます。

 東京の八王子方面に走るなかで、信号間隔や交通量の減少により、平均燃費は、13.2km/Lを表示。その後、高速道路に入り、ガソリンエンジンの力強い走りによって、楽々と本線のクルマに合流できます。

 東京から山梨方面の高速道路(中央道)は、基本的に、曲がりくねった登りが続きます。ここでは、前走車を自動で追従するACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を使用。ホンダ新型「ヴェゼル」のACCは、他社の同様な機能に比べ、やや加減速のメリハリが大きいような印象を受けます。しかし、前走車を感知する精度は高く、車線変更時でも不安となる場面はありません。

ホンダ新型「ヴェゼル」のハイブリッドモデルを画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事