GT-R、NSX…平成元年を名車で振り返る 明治神宮外苑で旧車イベント開催

トヨタ博物館は、平成最後に「平成元年に登場した名車」を振り返るイベントを2018年11月17日に開催します。

平成元年に登場した国産名車が大集合

 自動車誕生以来の歴史を展示しているトヨタ博物館は、「2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を2018年11月17日(土)に、東京・明治神宮外苑で開催します。

2017年開催時の様子

 今年で12回目を迎える本イベントは、明治神宮外苑聖徳記念絵画館前の広場をメイン会場に、企画展示やデモ走行のほか、一般参加のクラシックカー約100台による恒例の銀座中央通りを通過するパレードなど多彩なプログラムを展開予定です。

 今年の企画展示テーマは、「Japanese Vintage Year 1989」。バブル経済の真っただ中にあった1980年代後半の日本では、各自動車メーカーが次々と新技術を採用し、高級サルーンやパーソナルクーペ、スポーツカーなどのジャンルで名車が誕生した時代です。

 平成最後となる今回は、日本車のヴィンテージ・イヤーとも呼ばれた平成元年(1989年)に発表された車両を取り上げて、各メーカー協力のもと企画展示を実施します。

 展示車両は、スバル「レガシィ ツーリングワゴン(1990年)」、トヨタ「セルシオ(1991年)」、日産「スカイライン GT-R(1989年)」、ホンダ「NSX(1990年)」、マツダ「ユーノス ロードスター(1989年)」です。

 さらに、乗車して記念撮影ができる車両には、フォード「モデルT ツーリング(1914年)」、ホルヒ「853(1937年)」、ジャガー「Eタイプ(1967年)」が登場します。

◆開催概要◆

日時:11月17日(土) 10:00~15:30
入場料:無料
会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前(東京都新宿区霞ヶ丘町1-1)
 
【了】

展示車両や去年の様子を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事