• くるまのニュース
  • 試乗記
  • ボルボ 新型「XC40」はゴミ箱まで標準装備! 収納力もデザインの一部? 北欧コンパクトSUVが本格上陸

ボルボ 新型「XC40」はゴミ箱まで標準装備! 収納力もデザインの一部? 北欧コンパクトSUVが本格上陸

2018年3月に日本で正式発表されたコンパクトSUVボルボ「XC40」。今回は、グレード別の試乗会が実施され、2種展開されるエンジン特性や足回りの差別化などを紹介します。

ボルボSUVのエントリーモデル

 ボルボ 新型「XC40」の日本正式発表されたのが2018年3月。これに先立ち、「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」という特別仕様車が同年1月26日に300台限定で販売され、早い段階で完売しました。

今回、試乗した「XC40 T5 AWD R-Design」

 正式発表から約7ヶ月、ようやく通常ラインナップの「XC40 T4」をはじめとする「Momentum(モメンタム)」「Inscription(インスプリクション)」の各グレードを販売。ボルボの購入層は他メーカー車からの乗換えが多く、とくに「XC40」は世界的に供給が追いついていないほど売れているといいます。

 今回、試乗したのは「XC40 T4 AWD Momentum」と「XC40 T5 AWD R-Design」です。まず、エクステリアの大きな違いとしては、各グレードで選べるボディカラーが異なることです。「Momentum」では専用ルーフカラーとして、ホワイトカラールーフをオプションで選ぶことができ、「R-Design」では全車ブラックカラーのルーフとなります。

 搭載されているエンジンは「T4/T5」ともに2リッターのガソリンターボエンジンです。違う部分としては、最高出力が「190PS(T4)」、「252PS(T5)」となります。実際の試乗でも「T4」は街乗りに適した印象を受け、ゆるやかなに加速してくれます。

 対して「T5」は低速域からグイグイ進む加速感があり、そのまま高速域でも伸びていき、高速道路の追い越し時や山間部の登坂において力を発揮してくれます。

 乗り味の違いでは、「R-Design」がスポーティで「カッチリ」しています。これは、サスペンションを専用セッティングしているためです。一方、「Momentum」はややフワフワする乗り心地で、高速道路などの高い速度域では、わずかに不安な印象を受けました。

ボルボ 新型「XC40」のデザインや収納力を画像で見る(11枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事