ボルボ 新型「XC40」はゴミ箱まで標準装備! 収納力もデザインの一部? 北欧コンパクトSUVが本格上陸

ユーザーニーズに応えた「収納力」

 インテリアはシックなデザインでまとめられています。意外な特徴として、欧州車のなかではトップクラスの収納力を備えていることです。ティッシュ箱が収まるスペースやちょっとしたゴミを捨てられるゴミ箱、15インチサイズのノートパソコンが楽々収まるドアポケットなど、まるで国産車のような使い勝手です。

備え付けられた「ゴミ箱」と「ティッシュ箱スペース」

 新型「XC40」の収納力について、ボルボ・カー・ジャパンのプロダクト担当者は「今回の『XC40』は、ユーザーニーズを反映した結果、収納力があるインテリアデザインとなりました。国産車のように『利便性』を求めたというわけでなく、ユーザーニーズとボルボの安全に対する考え方を、うまくスカンジナビアデザインでまとめています。

 たとえば、車内に荷物が多い状態で急ブレーキをかけた場合、ブレーキペダルやアクセルペダルに荷物が挟まる危険性があります。そうならないためにも、収納場所を上手に使っていただきたいです。

 また、ドアポケットの収納スペースは『エアウーファーテクノロジー』によって、スピーカーをドア下部からダッシュボード奥に移設することで、ノートパソコンを収納できるほどのスペースが設けられました」と話します。

 ボルボの安全装備は、どの車種でも基本的に全グレードで同等の機能となっています。「XC40」は、後退時の自動ブレーキシステムが追加され、先日発表された「V60」では、対向車対応機能が初めて採用されるなど、先進安全技術がさらに進化しています。

 今回、試乗できなかった「Inscription」では、「T4/T5」のエンジンが選べます。インテリアでは本革シートや、ノーベル賞の食事会に用いられるガラス食器メーカーのオレフィス社製クリスタルシフトノブが採用され、上質な空間を堪能できるグレードです。

 ボルボ 新型「XC40」の価格(消費税込み)は、389万円から549万円です。エントリーモデルが300万円台から設定されている「XC40」は、SUV戦国時代のなかでも金額や性能面で選択肢に入る1台かもしれません。

【了】

ボルボ 新型「XC40」のデザインや収納力を画像で見る(11枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事