• くるまのニュース
  • ライフ
  • ワンボックスの二大巨頭 トヨタ「ハイエース」と日産「NV350キャラバン」 選ぶポイントはどこにある?

ワンボックスの二大巨頭 トヨタ「ハイエース」と日産「NV350キャラバン」 選ぶポイントはどこにある?

トヨタ「ハイエース」と日産「NV350キャラバン」。バンのライバル同士ですが、販売台数では「ハイエース」がリードしています。両車にどういう違いがあって人気の差になったのでしょうか。

見た目も中身も「そっくり」なライバル

 トヨタ「ハイエース」と日産「NV350キャラバン」。商用バンのライバル同士ですが、パッと見の違いは大きくありません。むしろ『そっくり』な2台です。ところが、販売台数については大きな差があるようです。

「ハイエース・シリーズ」と「NV350キャラバン・シリーズ」の2018年1月から7月までの販売台数をトヨタ、日産に問い合わせたところ、以下の回答をいただきました。

●ハイエース・シリーズ:3万5700台
●NV350キャラバン・シリーズ:1万8982台

 このように「ハイエース」は「NV350キャラバン」の倍近い台数を販売しており、「ハイエース」が圧倒しているといえます。

 見た目や大きさ、新車価格もグレード別で同じくらいの両車ですが、どんな違いがあって人気に差があるのか、「ハイエース」と「NV350キャラバン」それぞれの特徴からひも解いてみます。

トヨタ・ハイエース

「ハイエース」と「NV350キャラバン」は思いのほかデザインが似ています。特に横から見ると、窓やドアの形などがとくに似ています。車両の寸法もほぼ同じとなり、外観の大きな違いは主に“顔”ということになります。

PRたくさん積めて力持ち!ハイエースの中古車を見る

 似ている理由のひとつは、両車とも車体寸法の制限いっぱいで作っているためです。例えば4ナンバー仕様では全幅1.7m未満、全長4.7m未満という中で、最大限のスペースを使える工夫をしていけば、パッケージングは似てきてしまうのも仕方ありません。乗用車はあまりサイズにこだわらず3ナンバー化が進んでいますが、商用車ではサイズアップして1ナンバーになると、高速道路の料金が上がるなどコスト面で不利になり、4ナンバーに収めておくことが求められるからです。

20180824_HIA-350_007 日産・NV350キャラバン

 同じく共通項として、両車ともボディと荷室、座席のバリエーションが非常に豊富です。一見、どのグレードも同じように見えても、ボディの長さ、屋根の高さ、ドア数、座席数、そしてエンジン、トランスミッション、2WD/4WDといったさまざまな選択肢があります。

「ハイエース」と「NV350キャラバン」の差を画像チェック(13枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事