レクサス 新型「LS」「LC」を同時発売 乗り心地、乗り味を徹底的にこだわってチューニング

レクサスは、フラッグシップセダン「LS」とフラッグシップクーペ「LC」を同時に一部改良しました。2台ともに乗り心地の向上やドクターヘリなどの早期出動判断をおこなう『D-Call Net』に対応しています。

レクサスのフラッグシップ「LS」「LC」一部改良

 レクサスは、フラッグシップセダン「LS」とフラッグシップクーペ「LC」の一部改良モデルを2018年8月30日より発売しました。

 レクサス「LS」は、乗り心地や静粛性の向上に加え、進化した『Lexus Safety System +』を標準装備。「LC」は、よりリニアなステアリングフィールと乗り心地の向上を実現しています。

LC500h<オプション装着車>

 フラッグシップセダン「LS」は、斬新なクーペシルエットと快適性・居住性を両立したスタイリングや、エモーショナルかつ優雅な走りを実現しています。

 今回の一部改良では、AWD車(4輪駆動)においてショックアブソーバーを変更。減衰力可変幅の拡大や摩擦低減など乗り心地を向上させています。

 また、『マルチステージハイブリッドシステム』のエンジンサウンドや変速制御のチューニング、制振材の追加などにより静粛性も向上。さらに、進化した予防安全パッケージ『Lexus Safety System +』を標準装備しています。従来の『Lexus Safety System +』に採用していた「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、各機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減とドライバーの負担軽減を目指しています。

 フラッグシップクーペ「LC」は、『GA-Lプラットフォーム』や『マルチステージハイブリッドシステム』などの最先端技術の採用。徹底的な造りこみによって、独創的なデザインと奥深い走りを実現しました。

 ステアリングサポートのアルミダイキャスト化により剛性を高め、ブッシュ特性のチューニングなどによりステアリングフィールを向上させています。

 LSと同様にブレーキ制御、『マルチステージハイブリッドシステム』のチューニングなどにより、ドライバーの運転意図に沿った、より滑らかな加減速を実現。細部まで徹底的にこだわり、「LC」ならではのスポーティな乗り味を進化させました。

 また、「LS」と「LC」ともに、事故や急病時に車両データをもとに重症度を指定してドクターヘリ等の早期出動判断をおこなう『D-Call Net』に対応することで、緊急時の対応力を高めました。

 フラッグシップセダン「LS」とフラッグシップクーペ「LC」の価格(消費税込)は以下の通りです。

●フラッグシップセダン「LS」
・LS500 : 981万4000円から1540万5000円
・LS500h:1121万4000円から1680万5000円

●フラッグシップクーペ「LC」
・LC500 :1302万2000円から1402万2000円
・LC500h:1352万2000円から1452万2000円

【了】

世界初公開されたレクサス「RC」の詳細を画像で見る(2枚)

画像ギャラリー

最新記事