何が日本一? 1日10万人超も訪れるサービスエリア「海老名SA」人気の理由

首都圏で東名高速を利用する人なら、一度は訪れたことがあるであろう海老名SAは、休日になると上下線を合わせると1日の平均利用者数は10万人を超えるといいます。なぜこれほどまで人気があるのでしょうか。

海老名SAは4つの「日本一」 人気店目的で訪れる人も

 バラエティ番組のサービスエリア(SA)グルメ特集などでは、必ずと言ってよいほど紹介されるのが海老名サービスエリアです。「日本一」と紹介される機会も多いのですが、海老名SAには「日本一」を飛び越えて「世界一」の記録を持つものや、「日本初」となるものも存在します。

 首都圏で東名高速を利用する人なら、一度は訪れたことがあるであろう海老名SAは、休日になると上下線を合わせて1日の平均利用者数は10万人を超えるといいます。なぜこれほどまで人気があるのでしょうか。

高速道路の標識等に使われる「公団フォント」と呼ばれる独特の書体で書かれたメッセージもマニアに人気

 海老名SAがオープンしたのは、1968年。この年の4月に東名高速道路 東京IC~厚木IC間の開通に合わせる形で開業しました。ちなみに港北PAも同時オープンしています。大規模リニューアルで現在の形に整備されたのは下り線が2011年4月で、このとき、レストラン、フードコートの座席を185席から258席に増設し、新たに高速道路初出店となるシリアルスイーツ「シュガーバターの木」をはじめとした新たなお店がオープンしました。

 一方、上り線は2017年7月に EXPASA海老名としてグランドオープンし、従来からあった1階の店舗には高速道路初出店の「柿安」や人気スーパー「成城石井」、2階のフードコートには、「ザボン」や「たいざん」など東名沿線の人気店がずらりと顔を揃えています。

●気になる海老名SAの「日本一」とは
・利用者数
・利用車両台数
・日本にある高速道路SA/PAの売上高
・レストランやカフェ、コンビニなどの店舗数

 ざっと挙げるだけでも海老名SAにはこれだけの日本一があるのです。

 近年はそのほかのSA/PAも大幅リニューアルされて規模も大きくなっていますが、海老名サービスエリアのダントツ人気はどんな理由からなのでしょうか? 海老名SAを管理しているNEXCO中日本の広報室に聞いてみました。

「海老名サービスエリアは東京から東名高速に入って約30kmという場所にあるため、交通量が多いという理由もありますが、週末は多くの家族連れでにぎわっており、ファミリー層の利用が多いことも特徴です。ベビー用品の販売やベビー用の施設が充実していることで、赤ちゃん連れでも安心してご利用になれます。SA内は高速道路初出店のお店も複数あり、テイクアウトのお店も豊富で、2階のフードコートにも数多くの名店が揃っています。海老名サービスエリアを目的に訪れるお客様が多いことも、利用者数が多い人気の理由だと思います」

●2016年10月1日~2017年9月30日の1日平均利用者数(※NEXCO中日本管内SA/PA)

1位 海老名(下) 平日2万8000人 休日5万6000人
2位 海老名(上) 平日2万人 休日4万5000人
3位 足柄(下)  平日2万2000人 休日4万2000人
4位 足柄(上)  平日1万7000人 休日3万人
5位 談合坂(下) 平日1万6000人 休日2万9000人
6位 談合坂(上) 平日1万6000人 休日2万7000人

 なお、NEXCO東日本管内トップの守谷SA (下)は平日14400人、休日21700人。同西日本トップの草津PA(下)では平日1万6000人、休日2万7000人とのこと。

日本で最も利用者数が多い海老名SAの魅力を画像でチェック(14枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事