2300万円のドライビングシミュレーターで世界の有名なサーキットを体験! ピニンファリーナ製は何が違う?

約2300万円で落札された「ピニンファリーナ・レジェンダ eクラシック・シミュレーター」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
約2300万円で落札された「ピニンファリーナ・レジェンダ eクラシック・シミュレーター」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
約2300万円で落札された「ピニンファリーナ・レジェンダ eクラシック・シミュレーター」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
約2300万円で落札された「ピニンファリーナ・レジェンダ eクラシック・シミュレーター」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
約2300万円で落札された「ピニンファリーナ・レジェンダ eクラシック・シミュレーター」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
2シーターグラントゥーリズモ「チシタリア202」にインスパイアされたというデザイン(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's
ステアリングホイールは、イタリア製クラシックスポーツカーの定番ともいうべきナルディ社製のウッドリムを採用(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント