アルピナのメインストリーム「B5」 「M5」にはない上質な仕立てとは

BMWアルピナ「B5」は、1898万円(消費税込)
巡航最高速度330km/hをマークするという、現行アルピナ最速のスポーツサルーン「B5」
エンブレムだけでなくステッチなどもアルピナカラーだ
試乗車のシートにはアクティブ・シート・ベンチレーション(12万3000円・消費税込)のオプションが装備
アルピナ「B5」リアシート
ステアリングホイールセンターにはアルピナのエンブレムが奢られる
シフトチェンジはステアリングホイールの裏側にセットされたスイッチでおこなう
濃いアルピナブルーで演出されるセンターメーター
センターコンソールにセットされたアルピナであることの証
ウッドパネルにもアルピナエンブレムを確認できる
アルピナといえば、フロントのアンダースポイラーが特徴だ
トランクリッドに装着されたスポイラー
アルピナ・クラシック鍛造ホイール
矢羽根のアルピナラインがサイドビューを引き締めている
2組のツイン・テール・パイプがリア・エプロンに上品かつスタイリッシュにセットされている
ビ・ターボ・チャージング、高圧ガソリン・ダイレクト・インジェクション、バルブトロニック可変バルブ制御システムを採用した最新世代の4.4リッター8気筒エンジン
ビ・ターボ・チャージング、高圧ガソリン・ダイレクト・インジェクション、バルブトロニック可変バルブ制御システムを採用した最新世代の4.4リッター8気筒エンジン
車台番号が打ち直されているのがアルピナの証
車両重量をまるで感じさせない、鬼神のごとき走りを見せるアルピナ「B5」
分かる人にだけ分かればいい、そんな主張しすぎないところがアルピナのよさだ
「狂おしくなるほどに楽しい」走りを見せる「B5」
上品な走りの「Comfort」から走行モードを「Sports」に切り替えると、スーパーカー的な愉悦をもたらしてくれるアルピナ「B5」
アルピナといえば、ウッドパネルが奢られたキャビンが伝統である

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント