ベントレー新型「ベンテイガ」の推奨ドライブモードをお教えします

ステアリングの動きも正確で、かつかなりクイックなセッティングなので、全体的な動きとしてはSUVというよりもスポーツカーのそれに近い
基本的なデザインフィロソフィは踏襲しつつも、一気にスタイリッシュな雰囲気を強めたエクステリア
ステアリングホイールのステッチなど、あらゆるところから高い技術が伝わってくる
シフトレーバーがなくなる傾向にあるが、ベンテイガの重厚なシフトレバーは運転する度に所有する歓びを感じさせてくれる
ブライトリングの時計がセット
最近のベントレーはキャビンの美しさはもちろんのこと、デザインの秀逸さに魅了されてしまう
ダイヤモンドキルト仕上げのシートとドアパネル
後席は40:20:40の比率で分割可倒ができるので、使い勝手にも優れている
新型ベンテイガでは、最初にV型8気筒ツインターボが搭載された
都心を走行中、たまたま先代ベンテイガと一緒になった。プリビアスモデルになっても色褪せないのがベントレーだ。
フロントグリルはデザインが見直され、彫りの深い表情のフロントマスクになった
テールゲートパネルに新しくデザインされた楕円形のテールライトが配置され、ひとめで現行モデルであることが分かる

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント