なぜタイヤ処分費が高騰? 中国政策の「ゴミ受入れ停止」の影響か

クギが刺さったまま走行してタイヤカスが内部に蓄積
クギが刺さったタイヤ
バーストしたタイヤ
バーストしたタイヤ
劣化したタイヤ
タイヤチェンジャーという専用機械を使いタイヤ交換をする様子(画像:加藤久美子)
タイヤチェンジャーという専用機械を使いタイヤ交換をする様子(画像:加藤久美子)
タイヤチェンジャーという専用機械を使いタイヤ交換をする様子(画像:加藤久美子)
タイヤチェンジャーという専用機械を使いタイヤ交換をする様子(画像:加藤久美子)
タイヤチェンジャーという専用機械を使いタイヤ交換をする様子(画像:加藤久美子)
タイヤチェンジャーという専用機械を使いタイヤ交換をする様子(画像:加藤久美子)
タイヤトラブルで交換する場合、廃タイヤの処分費が発生する。近年ではその価格が高騰しているという
自分でタイヤ交換する際、ジャッキアップのままではなく、ジャッキスタンドの上に乗せて作業することが推奨される
写真のようにヒビ割れが発生している場合には早急にタイヤ交換することが望まれる
履き終わったタイヤはどのような流れで処分されるのか
ホンダ「N-VAN」は、リアバンパーを外して取り出すタイプ
2代目の日産「エルグランド」は車体下部に取り付ける「スペアタイヤ」
3代目のスバル「インプレッサ」はトランク下に収納される
スズキ「ジムニー」は「スペアタイヤ」自体がデザインの特徴にもなっている

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 普通にお金を払えば済むコト。高くてもちゃんと払おう。
    問題はその後、処理業者が郊外に野積み放置したりする事。
    メーカーもちゃんとリサイクルシステムを構築すれば済む話なんだが‥
    ビール瓶や牛乳瓶の様にメーカーが回収して再利用すれば良いと思う。
    空缶もちゃんと回収すべき。
    ペットボトルや古紙なども途上国に輸出する意味が分からん。