ブガッティが身売り!? 火の車だったスーパーカーメーカー3社の現状とは?

ブガッティ「シロン」は飛んでも、ブガッティ本体が飛ばないことを祈るのみ
新生ブガッティが最初につくった「ヴェイロン」は、赤字覚悟だった!?
1987年にイタリア・モデナで復活したブガッティ。しかし、1995年には倒産している
2020年9月、モデナのブガッティのファクトリー跡地で、セレモニーが開催されたばかりであった
「EB110」を現代的に解釈した「チェントディチエ」
ブガッティのモルスアイムのファクトリー
2019年のアストンマーティンは、モータースポーツの世界に積極的に見えたのだが……
凍結されていたプロジェクトであるラゴンダの復活が望まれる
マクラーレン・プロダクション・センター(MPC)とマクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)
おもにロードモデルの開発に使用されてきた、マクラーレン・プロダクション・センター(MPC)
完成したばかりの頃のマクラーレンのファクトリーマクラーレン・プロダクション・センター(MPC)
ノーマン・フォスター卿が設計した
今後、ブガッティもEV化を進めるとしたら、リマック社との関係は歓迎すべきことかもしれない
凍結されていたプロジェクトであるラゴンダの復活が望まれる
マクラーレンの象徴でもあるテクノロジー・センターが売却されるかもしれない

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント