前時代的だけど性能は一級品だった! OHVエンジンだけど頑張った国産車5選

コンパクトでスタイリッシュなフォルムの「FTO」
名機と呼ばれるOHVエンジン「A型」を搭載した「サニー」
日産「サニー GX5」
日産「サニー GX5」のコクピット
日産2代目「サニー 2ドアセダン」
日産2代目「サニー 4ドアセダン」
日産2代目「サニー 2ドアバン」
日産初代「サニー」
廉価グレードとして設定された「カローラレビンJ」
トヨタ「カローラレビンJ」
「ケーピーロクイチ」の愛称で呼ばれた「スターレット」(画像は北米仕様)
トヨタ「スターレット」(画像は北米仕様)
トヨタ「スターレット」(画像は北米仕様)
OHVながらターボもラインナップした「レオーネ」
スバル「レオーネ クーペ」
スバル「レオーネ セダン
スバル「レオーネ ハードトップ」
古臭いエンジンだけど一生懸命だったクルマたち

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. OHVが古臭いって?どんな感覚してんだよ
    古い新しいの基準じゃなくて機構の種類だろが
    日産のA型はコンパクトなエンジンが故に後発のFFチェリーや系列はフォークリフトや更には日産以外のフォークリフトメーカーにも供給されたエンジンで基本中の基本のエンジン
    TOYOTAがK型エンジンにおいてA型を習ったかは知らんけど正に暖簾分けのようなエンジンでA型とK型を筆者が運転したら今のツインカムが如何に飾り物だと分かるだろ
    初代フィット1300のようにエンジンとミッションがきちんと仕事をすれば無駄な電子制御は必要ないのだ
    今はがんじがらめの電子制御がエンジンの呼吸を奪ってTOYOTAのような駄作エンジンが基本になってしまってるのだ。

    • 工場長が言われてる事はもっともなんですが今の人は乗車なしのデータ重視ですから…
      エンジンもSV→OHV→OHC→DOHCと進化した最終版が1番いいと思って買いますからね。
      メーカーも高性能ですとか謳って高価格にして売って儲けるのだから仕方がないです。
      それと無駄にモデルチェンジしないで10年位にスパンを長くして欲しいですね。