車がオーバーヒート! エンジンの中で何が起きている? 正しい対処法とは

上は定期的にオイル交換を行った13万km走行車、下は2万kmオイル交換を行わず破損した13万km走行車のエンジン内部(画像:オートバックスセブン)。
オーバーヒートとは、エンジンのなかを流れる冷却水の温度が上がりすぎることで、エンジンが正常に働かなくなってしまう現象のことを指す
オーバーヒートしたクルマは煙が立ち上っているイメージがありますが、これは沸騰した冷却水の水蒸気によるもの
オーバーヒートの原因のひとつとして、渋滞などでクルマに高い負荷がかかっていることが挙げられる
雪などでラジエーターが塞がれることも、オーバーヒートの原因となる
長距離ドライブの前にはメンテナンスをしっかりおこない、オーバーヒートなどのトラブル予防を心がけたい
長距離ドライブの前にはメンテナンスをしっかりおこない、オーバーヒートなどのトラブル予防を心がけたい
長距離ドライブの前にはメンテナンスをしっかりおこない、オーバーヒートなどのトラブル予防を心がけたい
長距離ドライブの前にはメンテナンスをしっかりおこない、オーバーヒートなどのトラブル予防を心がけたい
オーバーヒートしてしまった時の正しい対処法とは
オーバーヒートしたとき、エンジンのなかでは何が起きているのか

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント