お値段2700万円の豪華リムジンかつスポーツセダンのベントレー「フライングスパー」日本上陸!!

ベントレーモーターズジャパン代表のティム・マッキンレイ氏と新型「フライングスパー」
フロントグリルは「ミュルザンヌ」と同じ垂直ラインのバーチカルベーンを採用
復活したボンネット先端の現代版「フライングB」のマスコット
エンジンは6リッターW型12気筒ツインターボで、最高出力は635馬力、最大トルクは900Nm
ホイールは新設計の22インチ
コンチネンタルと同じデザインの流れとなったインパネ
世界トップクラスの品質とデザインを持つインテリア
3世代目となるベントレー「フライングスパー」
ベントレー創業100周年の最後に、新型「フライングスパー」が日本に上陸した
「フライングスパー」発表会場には、ARアプリで「EXP 100 GT」を疑似体験
ARアプリでは、写真のボード上にの「EXP 100 GT」が出てくるようになっている
会場にはワクイミュージアムから1964年製のベントレー「S3 フライングスパー」が展示されていた
ベントレーでは家族で楽しめるライフスタイルコレクションも充実している
新しくなったマスコットが、氷の彫刻で表現
ボンネット先端に戻ってきた本物のマスコット
3世代目となるベントレー「フライングスパー」
3世代目となるベントレー「フライングスパー」
ホイールベースは先代比+129mmとなり、フロントアクスルが130mm前方に移動してオーバーハングが短くなった
3世代目となるベントレー「フライングスパー」の0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は333km/h
新型「フライングスパー」は、通常は後輪駆動だが、路面状況の変化やスリップの発生などを検知すると、自動的にフロントアクスルにもトルクが伝達されるアクティブAWDとなった
3世代目となるベントレー「フライングスパー」の「ブラックラインスペシフィケーション」
3世代目となるベントレー「フライングスパー」の「ブラックラインスペシフィケーション」
3世代目となるベントレー「フライングスパー」の「ブラックラインスペシフィケーション」
3世代目となるベントレー「フライングスパー」
3世代目となるベントレー「フライングスパー」
さらに宝石のような輝きが増したLEDマトリクスヘッドライト
テールライトはベントレーの「B」を象っている
フロント両サイドにはベントレーの「B」をモチーフにしたエアベント
エンジンは6リッターW型12気筒ツインターボで、最高出力は635馬力、最大トルクは900Nm
ホイールは新設計の22インチ
コンチネンタルと同じデザインの流れとなったインパネ
世界トップクラスの品質とデザインを持つインテリア
インテリアはハンドクラフトによって作り込まれている
新たなデザインのダイヤモンドステッチが採用された
アナログメーターとデジタルタッチスクリーン、そしてスッキリとしたウッドパネルのうちのひとつを、走行中でも選択できるようになった
センターコンソールにはアナログの時計が埋め込まれている
新型「フライングスパー」は後席に座る人のためのショーファードリブン的な要素も十分に兼ね備えている
ドアパネルには立体的になったダイヤモンドのパターンを採用
時代を超えて新旧フライングスパーが並んだ
3世代目となるベントレー「フライングスパー」

記事ページへ戻る

【格安航空券・最大88%オフ!】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

最新記事

コメント

×