「500」の最終決戦仕様!? アバルト「695 70thアニベルサリオ スペシャルエディション」が降臨!

風洞実験は、オルバッサーノの風洞でおこなわれた
外観の最大の特徴である大きなリアスポイラーには「ABARTH」の文字
もっとも角度を立てた設定では、200km/hで走行中、最大で42kgものダウンフォースを生み出す
スポイラーの角度は0度から60度の間で12のポジションで手動で設定可能
リアスポイラーの位置を0度に設定したときの最高速度は224km/h
リアスポイラーの位置を0度に設定したときの0-100km/h加速は6.7秒
トリノの南にあるオルバッサーノの風洞施設は、1970年代に建設され最新技術が盛り込まれている
アバルト70周年を記念した特別エディションアバルト「695 70thアニベルサリオ スペシャルエディション」
アバルト70周年を記念した特別エディションアバルト「695 70thアニベルサリオ スペシャルエディション」
専用開発されたサベルトトリコロールシート
Apple CarPlayおよびGoogle Android AutoTMと互換性のあるDABデジタルラジオおよびナビゲーションシステムを備えた7インチHDシステムは標準装備
センターコンソールには1949台限定生産を証明するプレートが取り付けられている
専用シートにはトリコロールがあしらわれている
ボディサイドには70周年記念の専用エンブレムを装着
ボンネットにスコーピオンがあしらわれている
専用のボディカラーに、モンツァ1958グリーンが加わった
専用のボディカラーに、モンツァ1958グリーンが加わった
専用のボディカラーに、モンツァ1958グリーンが加わった
17インチのアルミホイールとブレンボ製のブレーキキャリパーは標準装備
生産台数は、アバルト創業年である1949年にちなんで1949台
1958年にモンツァのオーバルコースで6つの世界記録を打ち立てた記念碑的なクルマ、フィアット「500 エラボラツィオーネ アバルト レコルド」
アバルト70周年を記念した特別エディションアバルト「695 70thアニベルサリオ スペシャルエディション」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント