ホンダが小型車復権へ本気! 新型「フィット」2019年10月発表を社長が公表! その狙いとは

ホンダ 初代フィット
ホンダ 初代フィット
ホンダ 初代フィット
ホンダ 2代目フィット
ホンダ 2代目フィット
ホンダ 2代目フィット
ホンダ 3代目フィット
ホンダ 3代目フィット
ホンダ 3代目フィット
ホンダ 3代目フィット
ホンダ フィットは次期型でハイブリッドシステムが進化する(写真は3代目フィット)
気になるホンダ 4代目フィットの詳細を予想(写真は3代目フィット)

記事ページへ戻る

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. FIT1,FIT2,FIT3と引き続き乗ってきた。FIT1はそれまで乗ったヴィッツに比べて、圧倒的に広々していて、走りも良かった。FIT2はIMA方式ハイブリッドだったが、プリウスの足元にもよらない燃費だった。走りは悪くなかったが、真夏の信号待ちでエアコンが動作しないのですぐ室温が上がった。これで嫌になった。次のFIT3は5回のリコールがあり、I-DCD方式がこなれていなかった。その後、メカを取り換えてもらい、燃費はそこそこ良くなり、アクアと大差ないと思っている。高速走行では27kmぐらい走る。さてFIT4は2モータi-MMDになる。これはプリウスやアクアや、ノートePowerを凌駕する燃費を出すのは当たり前だろう。走行音も静かで、加速も良く、燃費最高であれば大ヒット間違いなし。大いに期待している。インサイトに装備しているチェンジボタンを採用してほしい。エアコン類の操作は、丸ツマミの方が、タッチスイッチより使いやすい。ぜひホンダセンシングと合わせて使いやすいツマミやレイアウトを期待している。

×