日本のコンパクトは「ノート」「アクア」の2強時代? なぜ「フィット」は加われないのか

スポーティな走りが与えられた「ノート e-Power NISMO」
人気のSUVテイストを取り入れた「アクア クロスオーバー」
特別なエクステリアとインテリアに仕立てられた「フィット モデューロ スタイル」
フィットの広さの秘密。燃料タンクを車体中央付近に置く「センタータンクレイアウト」
フィットは追従型クルーズコントロールも他車に先駆けて装備
室内の広さではフィットが最上級
リアシートをたたむとフラットな荷室になるのも初代フィットから継承
トヨタ「アクア」
ホンダ「フィット ハイブリッド」
日産「ノート e-Power」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事

×