炎天下の車内は炭酸飲料やレジャー定番用品なども要注意! 高温で爆発も…

夏のレジャー定番用品も要注意

 夏のレジャーの定番であるBBQやキャンプの料理には欠かせないガスカートリッジ(ガスボンベ)ですが、実はこちらも40度以上の車内に置かないよう注意が必要です。ガスボンベの注意書きには、どのメーカーのものでも、「40度以上になる車内などに置かないでください」「直射日光に当たる場所に置かないでください」などの注意書きがあります。

BBQなどにはかかせないガスカートリッジ(ガスボンベ)も車内に置きっぱなしは危険

 高温になることでガスの内圧が高まり、爆発の恐れがあるためです。特に怖いのは「寒冷地仕様」「ハイパワー」などと書かれたガスボンベで、ガスの成分であるイソブタンやプロパンの比率が高く、標準的なガスボンベよりも高温による爆発の危険性が高まります。これらの「冬用」ガスボンベは、夏場には使わない方が無難です。

パソコン、スマホ、タブレット等、高温の車内で電池が爆発する危険も

 スマホやタブレットを車内のUSBやシガーソケットで充電する方、カーナビ代わりにスマホやタブレットをダッシュボード等に設置している方も少なくないでしょう。これらのデジタル機器も車内の高温には要注意です。

 本来、PC、スマホ、タブレットなどは長時間、40度以上になる場所で使われるものではなく、カーナビなど車内で使うことを前提とした機器と違って、熱に対する対策はほとんどとられていません。高温では起動しなくなったり、さらに内蔵の電池が爆発する恐れがあるといいます。

 実際、iPhoneでは、車内ダッシュボードなど高温になる場所に置いておくと、液晶画面に「高温注意」と警告が表示され、一部の機能を除いて通常の温度に戻るまで使用不能になってしまいます。

 クルマの車内は外気温以上に過酷な状況になります。なるべく車内に物を置いたままにはしないようにしましょう。

【了】

【画像】クルマを停めてから5分で10度も上昇、真夏の車内は危険な状態

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 加藤久美子

山口県生まれ。学生時代は某トヨタディーラーで納車引取のバイトに明け暮れ運転技術と洗車技術を磨く。日刊自動車新聞社に入社後は自動車年鑑、輸入車ガイドブックなどの編集に携わる。その後フリーランスへ。公認チャイルドシート指導員として、車と子供の安全に関する啓発活動も行う。

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー