ホンダワークスの逆襲 鈴鹿8耐でヤマハの4連覇を阻止できるのか?

ホンダは、FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦体制を発表しました。

ストップヤマハは、ホンダ勢なのか?

 ホンダは、鈴鹿サーキットにて、7月29日(日)に決勝レースが行われる「2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズ(以下:EWC)最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」に参戦する主なホンダチームの体制を決定しました。

JRR JSB1000クラスにTeam HRCより参戦中の高橋 巧選手

 2018年シーズンより10年ぶりにMFJ全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦している「Team HRC」は、鈴鹿8耐で新たなパートナーRed Bullを迎え「Red Bull Honda with 日本郵便」として参戦します。

 マシンはCBR1000RR SP2をベースとしたワークスマシン「CBR1000RRW」を投入し、ライダーには高橋巧選手に加え、FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中の中上貴晶選手、FIMスーパーバイク世界選手権シリーズに参戦中のレオン・キャミア選手が起用されます。

 昨シーズンよりEWCにフル参戦し、2017-2018シーズン第2戦のル・マン24時間耐久レース、第4戦で優勝し、現在ランキング1位の「F.C.C. TSR Honda France」は、EWCレギュラーライダーのフレディ・フォレイ選手、ジョシュ・フック選手、アラン・テシェ選手の3名体制で参戦。EWCにおいて日本の耐久チームとしては史上初となる、年間チャンピオン獲得を目指しています。

「KYB MORIWAKI MOTUL RACING」高橋 裕紀選手

 昨年9年ぶりに鈴鹿8耐に参戦したMORIWAKI RACINGは、「KYB MORIWAKI MOTUL RACING」として、ライダーに昨年同様、高橋裕紀選手、清成龍―選手、ダン・リンフット選手の3名を起用し参戦します。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事