• くるまのニュース
  • ニュース
  • トヨタ 新型「クラウン」が発売開始! ロイヤル/アスリート/マジェスタ廃止でどのように進化した?

トヨタ 新型「クラウン」が発売開始! ロイヤル/アスリート/マジェスタ廃止でどのように進化した?

トヨタは、新型「クラウン」を2018年6月26日を発売します。今回で15代目となる新型「クラウン」は、先代モデルまであったロイヤル/アスリート/マジェスタの3種類から標準仕様とスポーティ仕様の2種類になります。

15代目クラウンはブランドを統合したコネクティッドカー

「クラウン」は、1955年に初代が誕生し、今回のフルモデルチェンジで15代目となります。先代モデルにはロイヤル、アスリート、マジェスタの3ブランドを展開していましたが、新型「クラウン」では標準仕様とスポーティ仕様となり、2018年6月26日(火)より発売されます。

15代目となる新型クラウン

 新型「クラウン」は、「クルマの機能を拡張するコネクティッド」と「デザイン/走り/安全性能の進化」を追求し、車載通信機DCMを全車に搭載。遠隔で走行アドバイスや車両診断が受けられる「eケアサービス」や「Lineマイカーアカウント」をはじめとするコネクティッド機能を新搭載しています。同時期に発表された新型「カローラスポーツ」と同様にトヨタの初代コネクティッドカーが新たに誕生しました。

 また、新型クラウンは、全21グレード(標準仕様・スポーティ仕様)を「2リッターターボエンジン」「2.5リッターエンジン+ハイブリッドシステム」「3.5リッターV型6気筒エンジン+ハイブリッドシステム」のパワートレインで展開。

 最も過酷と称されるドイツ・ニュルブルクリンクサーキットで走行テストを重ね、低速域から高速域まで意のままに安定した走りを実現させたほか、自転車や夜間の歩行者検知が可能な最新の「トヨタセーフティセンス」やドライバー好みの運転特性にスイッチひとつで切り替え可能な「ドライブモードセレクト」を全車標準装備しています。

 新型「クラウン」のスポーティ仕様(RSグレード)には、走行性能を高める専用アイテムとして、18インチアルミホイール、タイヤ、フロントスタビライザー、リアスポイラーなどが標準装備。「ドライブモードセレクト」にもRSグレード専用のカスタムモードが設定され、パワートレイン、シャシー、空調の各制御など自由に選択することができます。

 新型「クラウン」の価格(消費税込)は、440万6200円から718万7400円です。

【了】

新型「クラウン」の詳細を画像で見る(43枚)

画像ギャラリー

最新記事