50年以上人気をキープ! スズキ「エブリイ」シリーズ 累計販売台数300万台達成

スズキの軽四輪車「エブリイ」シリーズは、1964年から積み重ねた累計販売台数が300万台を達成しました。他の車種は、どの位販売されているのでしょうか?

時代を乗り越え今もなお作り続ける「エブリイ」シリーズ

 スズキの軽四輪車「エブリイ」シリーズは、2018年6月15日に国内累計販売台数300万台を達成しました。

軽四輪車「エブリイ」PC ノクターンブルー

「エブリイ」シリーズは、4人乗りで荷室の広いバンを望む市場の要望に応え、1964年9月に誕生した軽商用車「スズライト キャリイバン」を前身とするワンボックスタイプの軽自動車です。

 時代とともに「キャリイバン」、「エブリイ」と車名を変え、バン本来の「積む・運ぶ」といった実用的な機能を重視し、荷室の広さや使いやすさを追求しながら、快適性や安全性を向上させています。

 軽商用車「エブリイ」は1996年度から2017年度までの軽キャブバンクラスにおいて、新車販売台数第1位(全国軽自動車協会連合会)を22年連続で獲得し、1999年6月には、「エブリイ」シリーズの乗用タイプとして軽乗用車「エブリイワゴン」が登場しました。

 軽乗用車「エブリイワゴン」は、広く使い勝手が良い室内と充実した快適装備を特長とし、日常使いから趣味やレジャーを楽しむクルマとして、幅広い用途で使われています。

スズライト キャリィバン

 その他のスズキ車種の販売台数についてもスズキ広報部に聞いてみた結果、軽自動車に強いスズキらしい回答をいただきました。

「スズライト キャリイバン」の直系でもある「キャリイ」は、2018年5月までに449万9000台販売(現行モデル)、1993年発売の「ワゴンR」は、457万5000台販売、1979年に発売された「アルト」は、シリーズモデル「ラパン」を含め39年で584万台販売されているそうです。

 スズキは、長く同一車名の車種を生産することで、ファンを増やし、さらに地域密着のきめ細かいサービスを行うことで、販売を伸ばしていることがわかります。

 6月26日より車体色を3色追加設定し発売される軽商用車「エブリイ」の価格は、95万400円(税込)からです。

【了】

軽四輪車「エブリイ」を始めとするスズキ車の画像をみる

画像ギャラリー

最新記事