トヨタ米国子会社がオープンソース自動運転シミュレーターの開発に約1100万円の支援を発表

トヨタの米国にある子会社で、米国で人工知能などの開発をおこなう「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(以下、TRI)」が6月21日にオープンソースの自動運転シミュレーター「Car Learning to Act(以下、CARLA)」の開発に向けた支援を発表しました。

さまざま走行環境のシュミレーションが可能

 トヨタの米国にある子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(以下TRI)」は6月21日に、オープンソースの自動運転シミュレーター「Car Learning to Act(以下CARLA)」の開発促進に向け、バルセロナ自治大学の研究センター「Computer Vision Center(以下CVC)」に10万ドル(約1100万円)を助成すると発表しました。

自動運転シミュレーター「CARLA」の画面イメージ

 TRIは、人工知能などの研究開発を主におこなう会社です。今回、開発支援を発表したオープンソースの自動運転シミュレーター「CARLA」は、現実世界では検証が困難な走行環境でも自動運転車の安定性を担保するべく開発される、自動運転システムの開発と検証に向けたシミュレーター・ソフトウェア。CARLAは、オープンソースとしてソフトウェア開発のプラットフォーム「GitHub」上で公開しています。

 TRI 運転シミュレーション担当ディレクター ヴァンゲリス・コッケヴィス氏は、「技術的進歩や成長は、産学の連携や地域社会からのサポートにより実現するもの。オープンかつ共通のシミュレーション・プラットフォーム開発を推進することにより、TRIと産学のパートナーは、より簡単にコードや情報、データなどを共有できるようになる」と話しました。

 自動運転シミュレーター「CARLA」を開発するCVCのプロジェクト責任者 アントニオ・ロペス教授は、「CARLAは、現実世界の制約を越えてAIドライバーの教育・診断をサポートすることにより、誰もが自動運転研究に携われるようになることを目指して開発された。CARLAの開発においては、エンジニア、デザイナー、科学者が一丸となって取り組んでいる。我々はCARLAが円熟を迎えるまで研究開発を継続する必要があり、トヨタからの資金提供は大変貴重なものである」と語りました。

 TRIは、以前から自動運転やロボティクス分野におけるプラットフォームのオープンソース化を推進し、各専門分野の団体などにも援助をおこなっています。

 
【了】

自動運転シミュレーター「CARLA」の詳細を画像で見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事