ホンダがF1参戦チーム「レッドブル・レーシング」へのパワーユニット供給を発表

ホンダは、フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)の2019年シリーズからレッドブル・レーシングに対して、パワーユニットを供給することについて合意しました。

新たな時代の幕開け新しいパートナーシップはどうなる?

 世界最高峰の自動車レースでもあるF1に参戦している「レッドブル・レーシング」に対して、ホンダは2019年シーズンから2年間にわたりパワーユニットの供給をすることに合意したと発表しました。

 今回の合意によって、2018年シーズンからパワーユニットを供給している、レッドブル・グループ傘下の「スクーデリア トロ・ロッソ」と「レッドブル・レーシング」の2チームに対して同一仕様の同体制で供給します。

レッドブル・レーシングF1チーム

●本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷隆弘のコメント

「2018年シーズンからパートナーシップを開始したトロ・ロッソに加え、2019年からは新たなパートナーとして、アストンマーティン・レッドブル・レーシングを迎えることになりました。来季は2チームへ供給することで、より多くのデータ収集が可能となり、開発のスピードアップに繋げることができます。また、なによりもレッドブル・レーシング、トロ・ロッソ、両チームと強力なパートナーシップを築くことにより、我々の目標である勝利へさらに近づくことができると思っています」

●レッドブル モータースポーツアドバイザー ヘルムート・マルコ氏のコメント

「今回のレッドブル・グループとホンダのパートナーシップ締結は、レッドブル・テクノロジーにより統括される2つのF1チーム、レッドブル・レーシングとトロ・ロッソにとって、新たな時代の幕開けと言えます。また、ここまでホンダが見せてきた努力と進歩、そして我々とも通じる部分が多い勝利に対する信念は、素晴らしいものだと感じています」

これまでルノーのF1パワーユニットで戦ってきたレッドブル・レーシングは、新たなるホンダとのパートナーシップで2019年シーズンをどう戦っていくのか注目していきたい。
 
【了】

この記事の画像をもっと見る(1枚)

画像ギャラリー

最新記事