今でも納期待ち人気SUV、トヨタ「ハリアー」の売れ筋ターボモデルを実燃費テスト!

トヨタの人気SUVである現行型「ハリアー」。今やハイブリッドよりかなり売れているという2リッターターボモデルの実燃費をテストしてみました。果たしてどんな数値が出るのでしょうか?

トヨタ「ハリアー」ターボモデルの実燃費テストを実施

 トヨタの人気SUVである現行型「ハリアー」が登場したのは2013年7月のこと。発売から時間が経過していながらも、納期が遅くなりがちなことがたびたび話題になるほど、ハリアーは未だに高い人気を誇っています。今回はそのハリアーの2リッターターボモデルの実燃費をテストしてみました。果たしてどんな数値が出るのでしょうか?

トヨタ「ハリアー」2リッターターボモデル PROGRESS

 登場当初には2.5リッターのアトキンソンサイクルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドと2リッターガソリン自然吸気エンジンの2種類が用意されていました。

 もともと「ハイブリッドのハリアー」と謳うほど、トヨタとしてはハイブリッドを訴求していましたが、ガソリン車との価格差が小さくなかったせいか、販売比率としてはガソリンのほうが圧倒的に高くなっていました。

 ただし、約1.6トンの車体に2リッターでは力不足な印象があったのは否めず。そこに2017年6月のマイナーチェンジの際に、当初は予定のなかった2リッターガソリン直噴ターボエンジンモデルが追加されました。エンジンは8AR-FTSという型式で、すでにトヨタやレクサスの多くの車種に搭載されており、それぞれの車種のキャラクターに合わせて乗り味も差別化されています。

 エンジンスペックは、最高出力が170kW(231PS)/5200~5600rpm、最大トルクが350Nm(35.7kgm)/1650~4000rpmとなっています。興味深いことに、共通性の高いレクサス「NX300」と最大トルクは同じですが、最高出力がNX300は175kW(238PS)/4800~5600rpmであるのに対して、ハリアーは5kW(7PS)低く、発生回転数も異なっています。これはボディ構造の関係で、レクサスNXのほうがサブマフラーの容量が大きいことが理由です。

 今回は発売以降、今でも人気のハリアー2リッターターボ車で実燃費テストに出かけました。グレードは最上級の「PROGRESS」の2WD車で、車両価格は405万円。カタログ値であるJC08モード燃費の公表値は13.0km/L(4WD車は12.8km/L)となっていますが、はたしてどのくらいになるのでしょうか。

市街地での実燃費は「8.1km/L」を計測

 まず、東京ドームのすぐ近くにあるトヨタ東京本社で車両を引き取り、都心から郊外に向かう感じで世田谷へ向かい、南下して品川まで走りました。すでに何度かハリアーのターボ車を運転したことはありますが、相変わらず低回転でのレスポンスもよく、いたって乗りやすいところが好印象です。

トヨタ「ハリアー」

 ターボ車には走行制御モードスイッチにスポーツモードが新たに追加されたのもニュースで、今回は試しに少しだけ使ってみたのですが、アクセルレスポンスが鋭くなるので、大人しく流すには向かない印象です。逆にエコモードはだいぶマイルドになります。市街地での燃費は、約25kmを走行して8.1km/Lとなりました。

 今回は、茨城県の筑波方面に向かいます。まずは参考まで、常磐道に接続している首都高速を20キロほど走ってみたところ、実燃費は14.7km/Lとまずまずの数値を表示。首都高の継ぎ目を通過した際の音や衝撃がほとんど気にならないほど乗り心地も快適で、静粛性も十分に確保されています。

大人気SUV、ハリアーターボを写真でチェック(23枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事