豪快に50台もの高級車を盗みまくる 名車からスーパーカーまで続々登場の「60セカンズ」

70年代に公開された映画「バニシング in 60」をリメイクした「60セカンズ」は、ニコラス・ケイジが主演したクルマが主役のクライムアクション映画です。

名車からスーパーカーまで続々登場

 70年代に公開された映画「バニシング in 60」をリメイクした「60セカンズ」。伝説の車泥棒が限られた時間内に50台もの高級車を盗み出そうと奮闘する、まさにクルマが主役のクライムアクション映画です。

シェルビー マスタングGT500

「リービング・ラスベガス」でアカデミー主演男優賞を受賞した名優、ニコラス・ケイジが主演し、監督は多くの大物アーティストのミュージックビデオを手がけてきたのドミニク・セナ。豪華俳優陣が集結し、緊張感あふれる窃盗シーンはもちろん彼らを追う腕利きの刑事たちとのカーチェイスも映画を盛り上げます。

 映画に登場する高級車50台の中にはスポーツカーもあれば往年の名車があります。盗難対象の高級車は、フェラーリ(テスタロッサ、355B、355F1他)、キャデラック(エルドラド、エスカレード他)、ポルシェ(911、スピードスター他)、シボレー(カマロ Z28、コルベット他)、メルセデス・ベンツ(300SL、CL500他)、さらにランボルギーニ、デ・トマソ・パンティーラ、ポンティアックGTO、ハンビー、レクサス LS400、トヨタ スープラなどなど、錚々(そうそう)たる名車ばかり。

 ニコラス・ケイジ演じるメンフィスは、それらすべての車に名前をつけるほどのカーマニアなのですが、中でも“エレノア”と呼んで愛でるシェルビー マスタングGT500は、“いわくつき”の車。実際、終始ご機嫌ナナメでメンフィスを困らせますが、最後の最後には……?

「60セカンズ」はポップコーン片手に鑑賞するのに最適な超・娯楽活劇なので車好きには是非オススメです。

名車や高級車がこれでもかと登場!【写真:11枚】

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事