マツダがSUVの新型「CX-3」を発表 早くも次世代スカイアクティブ投入! 1.8新ディーゼルも搭載

マツダは、コンパクトSUV「CX-3」を大幅改良しました。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンや次世代スカイアクティブ技術の一部採用、さらには内外装デザインの変更など、モデルチェンジ並みの改良を施しています。

時代のスタンダードへ! 新型CX-3大幅改良

 マツダは、コンパクトSUV「CX-3」を大幅改良するとともに、ディープレッドの専用ナッパレザーシートを採用した特別仕様車「エクスクルーシブ モッズ」を新設定して、2018年5月17日から予約受注を開始し、2018年5月31日に発売します。

マツダ 新型「CX-3」(2018)

 今回の商品改良では、”気品ある美しさと先鋭さ”をテーマに、操縦安定性、エンジン、デザイン、安全性能といった幅広い領域において改良を施しています。

 新型「CX-3」の開発担当主査 冨山道雄氏は、「『CX-3』は”次の時代のスタンダードを創造する”という商品コンセプトを掲げ、お客さまのご意見にお応えする商品改良を通じて、継続的な進化に取組んでまいりました。そして、お客さまの将来においても『地球』『社会』『人』とクルマが共存する世界の実現を目指し、『走る歓び』にあふれたカーライフを通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります」と語っています。

新型「CX-3」に早くも次世代スカイアクティブ技術投入

 新型「CX-3」は、コンパクトカーとしての優れた取り回しを活かしながら、街乗りから長距離走行まで快適な運転を楽しんでいただくために、次世代の車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ-ビークルアーキテクチャー)」を一部採用。サスペンションやシートウレタンを改良するとともに、新開発のタイヤを採用することにより、クルマを操る楽しさだけでなく、乗り心地や静粛性の向上を図っています。

 エンジンについては、「走る歓び」と「優れた環境性能」を高次元で実現することに注力。マツダ初採用となる新開発クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」は、日常シーンでの燃費および環境性能を向上させるとともに、力強く伸びやかな加速を実現しているといいます。

 また「SKYACTIV-G 2.0」ガソリンエンジンについては、「CX-5」でも採用している「エッジカットピストン」や「新ノズル付き拡散インジェクター」などの新技術により、全回転域にわたるトルク向上を達成しながら、実用燃費の向上を図ったとしています。

 内外装デザインでは、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更することにより、車格感の向上を図っています。

 また、センターコンソールを大幅に変更。デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設することにより、快適性の向上・疲労の軽減を図っています。

 安全性能に関して、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」をマツダ車で初採用しました。

 さらに、全車速追従機能付「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」「360°ビュー・モニター」「自動防眩ミラー」の設定により、昼夜を問わずドライバーの認知をサポートしています。

 新型「CX-3」の価格(消費税込)は、2リッターガソリンモデルが212万7600円から282万4480円。新開発の1.8リッターディーゼルモデルは、243万6480円から309万4480円となっています。

【了】

マツダ 新型「CX-3」の詳細を写真で見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事