• くるまのニュース
  • ニュース
  • ヤマハ、「TMAX530 DX」「TMAX530 SX」 カラーリングを変更 電子制御スロットルや軽量アルミフレームを搭載し発売

ヤマハ、「TMAX530 DX」「TMAX530 SX」 カラーリングを変更 電子制御スロットルや軽量アルミフレームを搭載し発売

ヤマハ発動機は、軽快感とエレガントさを兼ね備えたオートマチックスポーツコミューター「TMAX530 DX ABS」および「TMAX530 SX ABS」のカラーリングを変更し、5月28日より発売します。

カラーリングをスタイリッシュに変更

 ヤマハ発動機は、水冷・直列2気筒530ccエンジンを搭載するオートマチックスポーツコミューター「TMAX530 DX ABS」および「TMAX530 SX ABS」のカラーリングを変更し、5月28日より発売します。

TMAX530_DX_ABS_マットダークパープリッシュブルーメタリック

「TMAX530」は“Master of Scooter(マスター・オブ・スクーター)”を開発コンセプトに、電子制御スロットルや軽量アルミフレームなどにより高い走行性能を実現しながら、軽快感とエレガントさを兼ね備えたデザインで人気のモデルです。

「TMAX530 DX ABS」は2色設定です。

「マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)」は、昨年モデル同様のベースカラーを継続しながら、サイドカバーのカラーを変更し、フロントフォークやフロントキャリパーにゴールドを採用することで、引き締まったスポーティーなイメージを強調しました。

「マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)」は、質感を感じるマットダークカラーを採用することにより、「TMAX530」の持つ大人のエレガントさを強調させています。

「TMAX530 DX ABS」の価格は、135万円(消費税込)です。

 なお「TMAX530 DX ABS」は、スタンダードモデルの「TMAX530 SX ABS」をベースに、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンなど快適装備を充実させたモデルです。

「TMAX530 SX ABS」は2色設定です。

「マットシルバー1(マットシルバー)」は、昨年モデル同様のベースカラーを継続しながら、フロントフォーク、フロントキャリパーを他のカラーリングと共通のゴールドにすることで足回りの力強さを強調し、「マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)」は、「DX」同様のカラーリングを採用しています。

「TMAX530 SX ABS」の価格は、124万2000円(消費税込)です。

 なお、「TMAX530」シリーズの合計年間国内販売計画台数は500台です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事